オススメ動画!

起業という世界に足を踏み入れて1年がたった

1年

学生起業家のshunです。
3億円マーケターに学んだ起業の極意を公開していきます。
最大1,500人が詰めかけた起業セミナーのエッセンスを吸収して、
あなたも起業の準備をしていきましょう!

 

 

この1年間は今まで生きてきて間違いなく一番濃厚な1年でした。
去年の11月15日、加藤さんの会社を訪れてから僕の人生はまるっきり変わってしまいました。
加藤さんの会社のインターンに申し込むというたったひとつの出来事がきっかけでした。
就活生なら誰もが経験する面接の応募。
そんなささいなことでさえ人生を変えてしまうのには十分なんだなと思いましたね。
宝くじに当たらなくても、
ミリオンセラーを飛ばさなくても、
ノーベル賞を受賞しなくても、
日本代表選手に選ばれなくても、
ほんの小さなことで人生は激変します。
たったひとつの行動で。

 

それ以前の僕は無気力でダラダラとした生活をしていました。
二度寝からの寝坊は当たり前。
当然講義には間に合わない。
講義に出ても居眠りをしてちっとも話を聞かない。
家では食器をため込んで限界まで洗わない。
白い食器が茶色く変色したのには本気でびびりましたね。
もちろん洗濯物もたまる一方。
バイトから帰ってきてベッドで一休みしていたと思っていたら、
気付いたら朝になっていたなんてこともざらにありました。

 

眠くてめんどくさくて、
講義をまる一日サボったこともありましたね。
布団から出ることができなくて二度寝に二度寝を重ねて気付いたら夕方。
そんな時間から学校に行く気力もなく布団の中でぬくぬくしてました。
さすがにやばいと思ったのでそれ以降はありませんでしたが。

 

 

とにかく何もしていませんでした。
する気力がなかった。
これといってやることがなかったことも大きいと思います。
適当にテレビを見て、適当にネットをして時間をつぶし、
課題は前日に適当にやる。
わからなければ潔くあきらめる。
その結果ぽろぽろと単位がこぼれ落ちていき進級はぎりぎり。

 

幸いそこそこの公立大学だったので大学院に進学させすれば、
就職はなんとかなると思ってました。
なので進路に不安を抱くこともなく、
そんな現状に危機感を抱くこともありませんでした。
なんとかなるやろ。
持ち前の楽観的な性格が完全に裏目に出てましたね。

 

 

 

そんなだらしのない生活を送っていた僕ですが、
加藤さんと出会い起業の世界に足を踏み入れたことで生活が激変しました。

 

 

朝が苦手で寝坊するのは相変わらず変わっていませんが、
家でだらだら過ごす時間は圧倒的に少なくなりましたね。
すべきことがあるって本当に大事なことだと思います。

 

空いている時間はとにかく起業につっこむので、
休日という考え方もなくなりました。
学校のある日は帰宅してから作業をし、
学校のない日はひたすら作業をする。
それが苦じゃないというか当たり前になってしまって連休だから遠出しようという考えもなくなりましたね。
休日は学校に行く必要がないから作業に時間を使えてラッキー。
こういうふうに感じてしまうあたり社畜になる才能は十分あると思います。
なのでなおさら就職しなくてよかったですね。
うっかりブラック企業にでも入ってしまったら体を壊すまで働き続けてしまうのが目に見えています。

 

食器をためることもなくなりましたし、
洗濯もきちんとするようになりました。
ごくごく当たり前のことなんですが、
以前はその当たり前のことができていなかったんですよね。

 

 

他に変わったことと言えば、
いろいろなことに興味をもつようになりましたね。
ニュースがおもしろい。
ニュースを喜んでみるのはおじいさんやおばあさんだけだと思っていたので、
これには驚きでした。
バラエティ番組の間に入るニュースがなによりも嫌いだったのに、
今はどちらかといえばそのニュースがメインになっている。
ちょっと信じられません。

 

普通に大学生活を送っているだけだと社会に触れる機会はありませんが、
ブログというメディアを持って情報発信をすることで少なからず社会に触れることになるので、
それで興味を持つようになったのかなと思います。
ギターを練習していればギターや音楽に関する知識がついたり、
仕事でパソコンを扱えば知らず知らずのうちにパソコンの知識がついているのと同じですかね。
特に人工知能とか自動運転技術とかは特におもしろいなあと思って見てます。

 

いろんなことに興味を持つようになったきっかけとして、
本をよく読むようになったことも関係あるかもしれません。
コンピュータの進化を題材にした「2045年問題」を読んでから一気に人工知能への興味が湧きましたからね。
人間がインターネットに入り込むなどといったまるでSF映画のような世界が描かれていて衝撃をうけました。

 

そういえば起業に興味を持つようになったのも1冊の本がきっかけでしたね。
「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだことで起業家にあこがれるようになりました。
お金のために働くという考え方が貧乏父さんの考え方とかぶっていて危機感を持ったのを覚えています。
たくさん稼ぎたいならアルバイトの時間を増やすことぐらいしか考えがありませんでしたからね。
1日は24時間しかないんだからそんなことをしても無駄だということに気付いてなかったんです。
どんなに頑張っても働ける時間には限りがありますからね。
働かなくてもお金が入ってくるような仕組みを持つことが大事だと教えられました。
それには起業して自分のビジネスを所有するのが一番!

 

 

あらためて振り返ってみると僕の生活を変えた要因は2つあったみたいです。
1つは起業してやるべきことが常にあるので完全な暇がなくなったこと。
もう1つは本をたくさん読むようになったこと。
目の前には常にやるべき課題があり、
作業に疲れた時に読める本もある。
以前はやるべきことと言ったら全く興味のない学校の課題しかなく、
読む本もないのでテレビやネットをして時間をつぶしていました。

 

これらの違いは本当に大きいと感じます。
興味のあることをするのとまったく興味のないことをするのとでは労力は全く違ってきますからね。
体感的には100倍くらい違う気がします。
学校の課題に取りかかるのには締め切りという緊急性の力を借りないとできませんでしたけど、
起業の作業にはすぐにとりかかることができます。
何もしない暇な時間は圧倒的に少なくなりましたが、
ストレスは全く増えず作業量は爆発的に増えましたね。
生産性は100倍以上だと思います。

 

 

いつまでも誰が得するかもわからない興味のない作業をするのはやめましょう。
給料は増えないわりに疲労とストレスだけはどんどん溜まっていきます。
あなたの人生には限りがあるんですからそんな無駄なことをしている場合じゃないですよ。

 

 

そうではなくてすぐにお金にはならないけど将来的に自分にお金をもたらしてくれることに時間を使いましょう。
作業した分は間違いなく何倍にもなって自分に返ってきます。
お金のために働いていたら貧乏父さんになってしまいますよ。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

おもしろい!へぇ~!役に立つ!
とりあえず本でも読んでみるかなっ!と思ったらポチっとお願いします!!

こんにちは、シュンです!

お酒とマンガを愛してやまない24歳。

ネットで稼ぎたい人に向けて、ブログで効率よく稼ぐ方法を発信しています。主にアフィリエイトをやっています。

少ないアクセスを収益に変えるのが得意。最高月収44000円と、同規模のブログの約42倍の収益性を達成しました。

初心者向けの無料相談もやってます。ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

就活を放棄して専門スキルゼロで、レールを外れた筆者の詳しいプロフィールはこちら

オススメ動画!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です