オススメ動画!

起業もスポーツも同じ!注目されなければお金は稼げない

スポーツ選手

学生起業家のshunです。
3億円マーケターに学んだ起業の極意を公開していきます。
最大1,500人が詰めかけた起業セミナーのエッセンスを吸収して、
あなたも起業の準備をしていきましょう!

 

 

起業をしたとき一番初めにぶつかる壁がどうやって自社の商品やサービスを広めるかということだと思います。
どれだけ革命的な商品を開発したところでそれを知ってもらえなければ買ってもらえるはずありませんもんね。
製品の性能を2倍にするよりも2倍の人に知ってもらう方が売上は高くなります。
性能が2倍になったところで売上が2倍になるとは限りませんが、
知名度が2倍になれば売り上げも2倍になりますからね。

 

特にインターネットの世界ではアクセス数やPV数に比例して収入が増えていきます。
アフィリエイターもブロガーもユーチューバーもまず最初はアクセスを増やすことから始めますしね。
このブログも加藤さんにアドバイスをしていただいているのですが、
その最初の目標が200アクセス/日ですからね。
加藤さん曰はく
「実績がなくてもアクセスさえ集めればマジでなんとでもなる。」
だそうです。
何をするにしても注目されないと始まらないということですね。

 

 

注目を集めれば集めるほど儲かる。
これって起業じゃなくても言えると思うんです。
わかりやすいのがスポーツの世界ですね。
世界的にメジャーなスポーツほどプロの年収も高いですよね。

 

たとえばサッカー。
日本では知らない人はいないのではないかというぐらい超有名なスポーツです。
その人気はとどまるところを知らず世界で最もファンの多いスポーツとも言われています。
その数なんと35億人。
2010年の南アフリカワールドカップの決勝戦を見た人は圧巻の7億人。
日本での視聴率が100%でも全然足りません。

 

そんな圧倒的な人気を誇るサッカー。
そのなかでも特に注目を集めているのがこの人。
クリスティアーノ・ロナウドです。
その年収はおよそ98億円。
年収98億って冗談でも言わない金額ですよね。
ケタ違いもいいとこです。
そんなにもらっても使い切れる気がしません。
何に使うのか気になります。

 

 

ファン数世界一がサッカー。
では競技人口世界一は?
バスケットボールです。
バスケットボールの競技人口は実に4億5千万人。
サッカーの競技人口がおよそ2億5千万人なのでその差は歴然です。

 

世界が熱狂するバスケットボールプレイヤーと言えば、
レブロン・ジェームズです。
彼の年収も安定のケタ違い、およそ80億円です。
ロナウドといいレブロンといい彼らが何かするだけで巨額のマネーが動きます。
金のなる木ならぬ、金のなる人ですね。

 

 

サッカー、バスケットボールと超メジャーなスポーツを見ましたが、
世界的にあまり有名でなくても大金を得るチャンスのあるスポーツがあるんです。
それはクリケットです。
名前は聞いたことあるけど詳しくは知らないという人がほとんどではないでしょうか。
実はクリケット、バスケットボールとサッカーに続いて競技人口は世界3位と言われているんです。
インド人の多くが競技できるスポーツらしいですからね。
そんなクリケットのトッププレイヤーの年収は26億5千万円。
これを少ないと思った人は完全に金銭感覚がマヒしてしまってますね。(笑)
サッカーやバスケットボールと比べるとやや少ないですが、
普通にケタ違いの金額です。

 

 

何が言いたいかと言いますと、注目はお金になるということです。
逆に注目されなければ1円にもなりません。
野球選手もメジャーリーグに行った瞬間年収が跳ね上がりますもんね。
注目を集めれば集めるほどお金も集まってくると。
注目を集めることは正義。
だから巨額の契約金をはらって企業は選手とスポンサー契約を結ぶんですね。
その選手の注目を分けてもらっているわけです。

 

日本はプロの選手に対する報酬が少ないとよく言われますが、
注目度が足りてないのだと思います。
テレビ中継されるスポーツはごく一部ですし、
されたとしても大きな大会だけということが多いです。
コンスタントに放送される野球、サッカー、相撲などのスポーツは比較的年収も高くなる傾向にあります。

 

どれだけその競技にほれ込んでいて一生かけて極めたいと思っていてもお金を稼げない限り続けることはできません。
スポーツを通して人々に感動を与えるというのはそれこそ血のにじむような努力の結果です。
誰よりも圧倒的な努力をして日本一の選手になったのにも関わらず稼げないからやめなければならない。
たまたまその競技が注目されないばっかりに夢を途中であきらめないといけないんです。
人々に感動を与えることができなくなってしまいます。
ちょっと悲しすぎません?

 

 

こうして見てみると、
スポーツも注目度を高めないとお金をもらえないという、
起業と同じような側面があるんですね。
ただスポーツが上手いだけではお金はもらえない。
儲けるには注目度の高いスポーツで活躍するか、
今やっているスポーツに注目を集めるかの2択です。
ぶっちゃけ技術の高さは関係ありません。
どのスポーツをやるかということのほうがよっぽど収入に影響してきます。
マイナースポーツで稼ごうと思ったらそのスポーツの盛んな国に行くのも手ですね。
それができなければ日本での人気を高めるしかありません。

 

 

人々の注目度とお金とは密接な関係があるということですね。
スポーツも起業もお金を生むのは注目度の高い競技、商品なんですね。
あなたも起業して儲けたかったらまずは注目を集めましょう。
商品はなくたって構いません。
アフィリエイトをすれば自分の注目度をそのままお金に換えることができますからね。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

おもしろい!へぇ~!役に立つ!
誰も見ていないところからお金は生まれない!と思ったらポチっとお願いします!!

こんにちは、シュンです!

お酒とマンガを愛してやまない24歳。

ネットで稼ぎたい人に向けて、ブログで効率よく稼ぐ方法を発信しています。主にアフィリエイトをやっています。

少ないアクセスを収益に変えるのが得意。最高月収44000円と、同規模のブログの約42倍の収益性を達成しました。

初心者向けの無料相談もやってます。ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

就活を放棄して専門スキルゼロで、レールを外れた筆者の詳しいプロフィールはこちら

オススメ動画!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です