総額11万円のセミナーが今なら無料!!

次世代無料オファー

学生起業と一度就職してからの起業どちらが成功しやすいか?

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成功
こんにちは、学生起業家のshunです。
今日も起業に関するお役立ち情報をお届けしますね。

 

 

こんにちは、学生起業家のshunです。
今日も起業に関するお役立ち情報をお届けしますね。

 

僕が起業したいと思ったときに悩んだのが、
学生起業をするかそれとも一度就職して社会人起業するかということでした。
おそらく多くの人が同じ悩みを持っていると思います。

 

僕は勉強も就職も捨てて学生起業を選んだんですけど、
今になって正しい選択をしたなと思うわけです。
それがなぜかということをお話ししたいと思います。

 

まず実際に起業することによって起業を知ることができました。
これが一番大きいですね。
やっぱり起業を勉強するには実際に起業してみるのが一番です。

サッカーがうまくなりたいならサッカーを練習するに決まってます。
わざわざ野球やバスケをやりませんよね。
明らかに遠回りです。

 

でも起業となるとそのことがなかなかわかりません。
とりあえずサラリーマンになっておけば起業に役立つ経験を積めると思ってしまいます。
いわゆる社会人経験というやつです。
僕も実際に起業して実感したのですが、
起業に社会人の経験はいりません。

 

なぜなら起業家とサラリーマンはやることが根本的に違うからです。
下の図を見てもらえばわかると思います。
システム
起業家がお金を生み出す仕組みを作り、
サラリーマンがそのシステムを動かす。

いくらシステムを動かすのがうまくなったからと言って、
システムを作れるようにはなりません。
全く違う次元の話です。

まさに選手と監督の違い。
いくらプレーがうまくても監督として優秀かどうかは別問題です。

だからとりあえずサラリーマンになっても、
起業にはあまり意味がありません。

 

そう考えると僕はラッキーでした。
僕も最初はベンチャー企業で社会人経験を積もうと考えてましたから。

そのつもりでインターンに申し込んだら、
そのまま学生起業することに。

たまたまそこの社長が起業ノウハウを持っていて、
それを骨の髄まで叩き込まれました。
このブログで紹介しているのは全部それです。
だからこのブログを読むだけでも、
最新の起業ノウハウが学べます。

 

さて、システムを作るか動かすかが、
起業家と社会人の違いだと話しました。

だけど実際はお金が必要だったり、
人脈や専門スキルが要求される分野も存在します。

これらのことを考えると、
学生起業より社会人起業のほうが成功しやすいのでは。

 

確かにそれも一理あるでしょう。
実際にパン屋をやろうと思ったら、
お店で一定の期間修行するのは正しい選択です。

 

だけど、それ以外、
つまりビジネスに必須の専門スキルを身につける以外の目的で、
就職するのは遠回りと言わざるを得ません。

 

質問です。

お金があったら起業は成功するでしょうか?
答えはノーですよね。
いくらお金があったところで、
お金を生み出すシステムを構築できないことには、
起業は成功しません。

投資家がいるのはそのためです。
お金があるだけで起業に成功できるならわざわざ他人に投資しません。

 

人脈があれば起業は成功するでしょうか?
これもノーです。

確かに仕事をくれる人がいるのといないのとでは、
起業の成功率は大きく違ってくるとは思います。
特に起業してすぐの頃は仕事は貴重です。

しかし、人から仕事をもらうのは下請けの発想です。
首根っこを掴まれているという意味で、
サラリーマンと大差ありません。

起業するなら、
下請けではなく直接お客さんに売れるようになるべきです。
でないといつまでも自由にはなれません。

 

人脈については起業に人脈は必要不可欠なのか?で詳しく解説していますので、
参考にしてください。

 

 

技術や知識があれば成功できるか?
これもノーです。

しかもこれに関しては人を雇うことで解決できます。
そもそも経営者が技術を発揮するというのは、
経営者がシステムに組み込まれてしまっていることを意味します。

自分が働いてしまうのはサラリーマンとなんら変わりありません。
事故や病気などで働けなくなったら終わりです。

 

ただ例外もあります。
弁護士や医者といった高度な専門知識・技術が必要とされる職業の場合は、
自分もシステムの一部にならざるを得ません。

それ以外の場合は経営者が技術を持っている必要はないですね。

 

お金を生み出すシステムを構築できれば成功できるのか?
これがイエスです。

起業の明暗をわけるのはシステムの構築力ただ一点です。
それ以外のことは全部無視。

この力は実際にやることでしか身につきません。
サッカーがうまくなりたければボールを蹴ります。
それと同じです。

 

僕も右も左もわからずとりあえずやってみたら稼げましたからね。
学生時代のスキマ時間だけで10万円。
案外やってみるもんです。
稼ぎかたはだいたいわかったので、
あとは規模を拡大していくだけです。

もちろん下請けのビジネスではないので、
景気とか関係ありません。
お客さんのほうからほしいと言ってくるので、
商品を渡すだけ。
何もしなくても売れていきます。

起業に興味があるなら実際にやってみるのが一番ですよ。

 

なぜただの大学生が起業して稼げたのかはこちらを読んでもらえればわかると思います。
大企業に就職しなくても個人が圧倒的に稼いで好きなことだけして生きれるようになった理由

 

 

それでは、この辺で!

 

おもしろい!へぇ~!役に立つ!
起業成功には起業する一択のみ!と思ったらポチっとお願いします!!

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら


次世代無料オファー

人気記事まとめ

1.バカでも生きていけるって最高だなと思いました!

2.資金も経験もない素人でも成功できる次世代起業とは

3.学生起業と一度就職してからの起業どちらが成功しやすいか?

4.いつまでも稼げない人がハマってる唯一にして最大の原因はコレ

5.完全起業マニュアル!総額11万円の起業セミナーが今だけ無料だと!?


起業で気になる「お金」「人脈」「資格」の話

「お金」
起業に必要な資金は起業して稼げばいい

「人脈」
起業って人脈じゃないなと確信した瞬間

「資格」
あなたが起業して成功するのに資格は必要なのか




面白い!感じたらフォローしてください。
役に立つ起業情報をいち早くお届け!




follow us in feedly

友だち追加

無料相談無料相談



ブログ書いてる人

シュン
「楽しいは正義」

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら

ブログランキング参加中!!
↓↓↓

ポチっとな

次世代起業家育成セミナー 特別編

資金なし、人脈なし、スキルなしのゼロの状態からたったひとりで起業して成功する具体的な方法論に触れた唯一のセミナー。
起業初年度で1.1億円を売り上げた次世代起業メソッドとは?

講師は3億円マーケター。
起業に必要なのは技術力でも奇抜なアイディアでもなくて、どうやるか?

詳しくはこちらから

3億円マーケター

資金0、人脈0、知識0でもノーリスクで成功できる!


加藤さん。
次世代起業メソッドの生みの親。

京大MBA卒業後、大手企業を半年で脱サラ。
起業1年目で年商1.1億円をたたき出す。
ビジネスを拡大しすぎてAmazonの倉庫をパンクさせた過去を持つ。

次世代起業の普及に燃えている。

自由な人生を手に入れる教科書

Amazon電子書籍ランキングで堂々の1位を獲得した次世代の生き方がリアルに描かれた「自由な人生を手に入れる教科書」が今なら無料!
無料の書籍をダウンロードするだけで12,800円相当のセミナー映像がもらえるという超お得なキャンペーン中!

無料相談受付中


SkypeID : sppshun01

Skypeでの無料相談を5名限定で受け付けています。
起業に関する悩みなら何でもOK。
もちろんネットビジネス、アフィリエイトのことでも大丈夫です。
少しでも気になることがあればこの機会に是非。
あなたのお悩み全力で解決いたします。
起業相談24時間365日いつでも大歓迎。

twitter

メールフォーム

過去記事