総額11万円のセミナーが今なら無料!!

次世代無料オファー

実際に思考が現実化した話

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思考は現実化する
 
こんにちは、学生起業家のshunです。
今日も起業に関するお役立ち情報をお届けしますね。

 

「思考は現実化する」という言葉聞いたことありますかね。
ナポレオン・ヒルの代表作で世界で最も読まれている自己啓発本のタイトルです。

 

意味としては”無意識のレベル”の思考が現実化するというものです。
ここで大事なのは”無意識のレベル”です。
意識的に「絶対成功してやる」では現実化しないんですよね。
いくら心で念じたところで無意識のレベルで思っていなければダメだということです。

 

言い換えると「成功することを知っている」という状態ですかね。
成功を微塵も疑っていませんよね。
知っているんですから。
信じる信じないのレベルを超えてます。
どちらかというとすでに起こっているというニュアンスも汲み取れますね。

 

例えば、スマホを充電するときにうまく充電できるかなんて考えないですよね。
意識にも留めません。
ただ充電器を差し込むだけです。
それと同じことなんです。
充電しようと思って充電器をスマホに差し込む。
ここに意識は存在しません。
あるのは充電することができるという無意識のレベルでの思考です。

 

 

 

説明はこのぐらいにして、僕が実際に経験した「思考は現実化する」エピソードを紹介します。
本当に現実化するんですね。
正直最初は半信半疑でした。

 

 

ちょうど1年ほど前、僕はベンチャー企業の求人を探していました。
将来起業を考えていたのでその経験を積むためになんとか潜り込めないか考えていたんです。。
起業することが目的で、その手段としてベンチャー企業を探していました。

 

そうしたら見つけたんです。
実際に起業の経験をつめるベンチャー企業を。
これだと普通に探してたら見つけたという話なんですけど、驚いたのは在学中に起業できるということ。
卒業してそこに就職して経験するのではなくて、もう在学している間に起業しちゃいなよという。
いろいろ飛ばしすぎてる気もしたんですけど、実際に起業するという思考が現実化しました。
今こうしてブログを書いているのがその証拠です。
自力で起業しようと思っていたらこんなことしていなかったと思います。

 

 

他にもあります。
起業についていろいろ勉強しているうちにアルバイトをしていることが苦痛になってきたんですよね。
実際に成功している人から学ぶので時給でちまちま稼いでいることが嫌になってしまったんです。
成功者の世界につかりすぎて現実とのギャップがすごいことになってました。
かたや海外旅行中にサラリーマンの年収を稼いでいる。
かたや毎日時給900円でアルバイトをしている。
この落差。
バイトの時間を作業にあてられたらどれだけいいだろうか。
いつもそんなことばかり考えていました。
バイトは別に嫌いじゃなかったんですけど、だんだん行くのがめんどうになってきました。
でも現実ではバイトの収入がないと生活できません。
バイトをやめるということは実家に強制送還されることを意味しました。
なんとしてでも今の生活を続けたい、でもバイトはやめたい。

 

約1カ月後。
詳しくは話せませんが、バイトをやめることができました。
時給から解放された瞬間です。
二度と時給で働きたくないですね。
生活はなんら変わっていません。
今まで通り生活できています。
むしろ自由に使える時間が増えたので、今までより良くなりました。
バイトだけがキレイに僕の人生から姿を消してしまったんですね。

 

またしても思考が現実化してしまいました。

 

 

そしてさらにさらに。
僕はとりあえず目標として月収50万円を目指すことにしたんですよね。
50万円稼ぐにはどうしたらいいか。
50万円はどこにあるか。
50万円振ってこねえかなあ。
50万円のことばかり考えていました。

 

そしたら50万円が転がり込んできたんです。
自分で稼いだわけではないので少しズレが生じていますが、50万円には変わりありません。
50万円が現実化されたわけです。
これにはさすがに驚かされました。

 

 

たった1年足らずでこれだけのことが現実になったら、さすがに信じざるを得なくなってきます。
ただし、この「思考は現実化する」には注意点がありまして、それはネガティブな思考も現実化してしまうということです。
ポジティブが売りの僕も時にはネガティブなことも考えてしまいます。
人間ですからねえ。
そういうときはその考えを慌てて消し去りますね。
宇宙のかなたに投げ捨ててしまいます。
そしてすぐにその真逆のことを強く刷り込みます。
ちょっとたんま、さっきのはナシ。
あれはウソ。
という具合になかったことにしてしまいます。(本当にできているかは謎。)

 

 

なんだか怪しい話になってしまいましたけど、このことは真実だと思っています。
これだけ現実になりましたし。
まあ信じるだけならタダなんでね。
それでいい結果が得られるならやらない手はないでしょ。

 

たとえ結果に結びつかなくてもネガティブな思考を排除できるのでとてもいいです。
ネガティブはいいことありませんからね。
最悪の事態を想定するときぐらいしか使えません。
あとはただの役立たずです。
必要なときだけ呼び出せば大丈夫。

 

 

ネガティブなことばかり考えていたら本当にその通りになってしまいますよ。
ご注意ください。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

応援よろしくお願いします!

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら


次世代無料オファー

人気記事まとめ

1.バカでも生きていけるって最高だなと思いました!

2.資金も経験もない素人でも成功できる次世代起業とは

3.学生起業と一度就職してからの起業どちらが成功しやすいか?

4.いつまでも稼げない人がハマってる唯一にして最大の原因はコレ

5.完全起業マニュアル!総額11万円の起業セミナーが今だけ無料だと!?


起業で気になる「お金」「人脈」「資格」の話

「お金」
起業に必要な資金は起業して稼げばいい

「人脈」
起業って人脈じゃないなと確信した瞬間

「資格」
あなたが起業して成功するのに資格は必要なのか




面白い!感じたらフォローしてください。
役に立つ起業情報をいち早くお届け!




follow us in feedly

友だち追加

無料相談無料相談



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ書いてる人

シュン
「楽しいは正義」

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら

ブログランキング参加中!!
↓↓↓

ポチっとな

次世代起業家育成セミナー 特別編

資金なし、人脈なし、スキルなしのゼロの状態からたったひとりで起業して成功する具体的な方法論に触れた唯一のセミナー。
起業初年度で1.1億円を売り上げた次世代起業メソッドとは?

講師は3億円マーケター。
起業に必要なのは技術力でも奇抜なアイディアでもなくて、どうやるか?

詳しくはこちらから

3億円マーケター

資金0、人脈0、知識0でもノーリスクで成功できる!


加藤さん。
次世代起業メソッドの生みの親。

京大MBA卒業後、大手企業を半年で脱サラ。
起業1年目で年商1.1億円をたたき出す。
ビジネスを拡大しすぎてAmazonの倉庫をパンクさせた過去を持つ。

次世代起業の普及に燃えている。

自由な人生を手に入れる教科書

Amazon電子書籍ランキングで堂々の1位を獲得した次世代の生き方がリアルに描かれた「自由な人生を手に入れる教科書」が今なら無料!
無料の書籍をダウンロードするだけで12,800円相当のセミナー映像がもらえるという超お得なキャンペーン中!

無料相談受付中


SkypeID : sppshun01

Skypeでの無料相談を5名限定で受け付けています。
起業に関する悩みなら何でもOK。
もちろんネットビジネス、アフィリエイトのことでも大丈夫です。
少しでも気になることがあればこの機会に是非。
あなたのお悩み全力で解決いたします。
起業相談24時間365日いつでも大歓迎。

twitter

メールフォーム

過去記事