無料プレゼント!

ついつい自分に言い訳してしまう人へ。言い訳する心を黙らせる2つのパワフルな質問

言い訳する人

どうもこんにちは、シュンです。

ネットで稼いで生きる方法をあれこれ垂れ流しています。

 

言い訳って気づいたときには口に出てしまってますよね。

 

ダメだとわかっていても、言ってしまってから気づく。また言い訳しちゃったよ。ホントダメだなオレ。

 

僕もよく言い訳してました。

大学生の頃はひどかったですね。

 

「講義がわかりにくくて、聞いても無駄だから寝てもいい」

 

ただ、飲み会で寝不足なだけなのに、寝るのは講義に価値がないからだと決めつけていた。とんだ勘違い野郎です。

 

最近は意識したおかげか、言い訳が減ってきたかなと自分でも思うので、自分に言い訳をしないコツみたいなことを書いてみたいと思います。

 

 

言い訳はかっこわるい

もうね、本当にみっともない。本人に自覚がなくても、周りで聞いている人には一発でわかります。

言い訳ばかりする人、周りにいますよね。悩んでそうだから、こうしたらとアドバイスしても、それはこうだから無理と却下される。

本人は論理的に話しているつもりだけど、周りから見たら、ただやらない理由をでっちあげているようにしか見えません。

 

痩せたいならドーナツばかり食べてないで運動でもすれば?

膝が悪いから運動はムリ。

 

ウォーキングなら膝の負担も少ないらしいよ?

ウォーキングする服がないからムリ。

 

ああ言えばこう言う。

 

今思えば、「講義がわかりにくいから寝てもしょうがない」なんて、とんでもなく恥ずかしい発言です。

  • 理解できないのは、理解しようという努力が足りないだけなのに、それを相手のせいにする。
  • あたかも自分が良質な講義を受けて当然だと思っている。

何様だって話ですよ。

友人に向かって、そんなことを言っていたと思うと、恥ずかしすぎて、クッションに顔をうずめたくなります。そのまま大声で叫んで、足をバタバタさせたい衝動にかられます。

またこいつ言い訳してるよと思われていたに違いありません。かっこわるいですね。

 

 

自覚すれば言い訳はなくなったも同然

言い訳って、言わないことよりも、自覚することのほうが難しいんです。

だから、自覚さえできればもう半分は克服したようなもの。

 

経験ありませんか?

それって言い訳じゃない?と注意したら、事実を言っただけなんだけど、とキョトンとされたこと。言い訳じゃないしと反論されたこと。

 

言い訳をしている人は、言い訳しているという自覚がありません。

その証拠に、言い訳する人は、仕方がなかったとか、しょうがなかったという言葉をよく使います。

自分にはどうすることもできなかったと。

 

僕も、講義で寝るのはしょうがないと思ってました。

聞いても聞かなくても同じなら、寝てても問題ないじゃんと。

 

当時の僕が、

「講義中に寝るのは、講義が分かりにくいのと無関係だよね。それってただの言い訳じゃない?」

と言われたら、間違いなくこう言ってましたね。

 

いや、事実だし。

 

 

 

言い訳する野郎につける薬はないんですわ。

 

だから、言い訳を治そうとしている人は、もう半分治ったようなものなのです。

残念ながら、僕は自分の言い訳に気付く前に卒業してしまいましたが。笑

 

 

言い訳を治す2つのパワフルな質問

全く同じ条件でそれを成し遂げた人はいないのか?

できない理由をでっちあげてやる前にあきらめてしまいそうなときに、自分に問いかけてみてください。

 

例えば、彼女ができないとき。

おもしろい話で女の子を楽しませてあげることもできないし、顔もイケメンじゃない。彼女ができないのはコミュニケーション能力とこの顔のせいだっ!

と言い訳をしたくなる気持ちはよくわかります。

でもそこで歯を食いしばって、この質問を自分自身に問いかけてみてください。

 

自分より話がつまらなくて顔も自分よりブサイクな人で彼女を作ることができた人は1人もいないのか?

 

答えはノーですよね。

きっとこの世界のどこかには自分よりもはるかに条件の悪い状態でも、彼女に不自由したことがない人はいるはずです。

 

彼女ができないのは、話がつまらないからでもなく、ましてやその顔のせいでもありません。

ただの言い訳です。

 

自分よりもはるかに太っていて、食欲も強い人がダイエットに成功したことはないのか?

いいえ。

 

自分よりもはるかに頭のできが悪い人で起業に成功した人はいないのか?

いいえ。

 

この質問をつきつめていけば、誰かが成し遂げたことであればあなたもできるという結論に達します。

もはや言い訳は不可能です。

 

どうしてもそのミスを防ぐことはできなかったのか?

仕事などでミスがあったときに有効です。

一見普通の質問のように見えますが、言い訳を治す非常に強力な質問になります。

 

時間がなくて頼まれた資料ができていない場合。

他の仕事を誰かに頼むなりして時間を作り出すことはできなかったのか?
いっさい無駄なことに時間を使わなかったのか?

これらの質問を投げかけることで、どこかに自分に落ち度があったことに気付くことができます。本当に時間がなければ事前に手を打つことだってできます。

 

あなたが関わるプロジェクトで後輩がミスをした。

ミスをした人に事前に注意を促すことはできなかったのか?
ミスを防ぐことは本当に不可能だったのか?

この場合はあなたがミスを責められることはないですが、この質問をすることでミスに対して責任感が芽生えます。

他人のミスですら自分の責任だと思うことができれば、当然自分のミスに対して言い訳をすることもなくなりますよね。

 

僕は以前、ミスをすると自己嫌悪に陥っていたのですが、この質問をするようになってミスが減ったばかりか、自己嫌悪にもならなくなりました。

 

どうしても防ぐことができなかったのか?と自分に問いかけることで、ミスの原因が明確になるんですよね。

次からはそれを気を付ければいいので、自然とミスが減っていく。

 

さらに、ミスをしたら自問するという一連のクセ付けができたので、理由もなく自分を責めることがなくなりました。

質問をすると自分の不注意にしろ、原因をはっきりさせようと頭が勝手に動き出します。

 

 

言い訳は老害の始まり

自分が悪いのではなくて、あいつらが悪い。そうやって、自分を守るのが言い訳です。

銃を突きつけられたら、逃げないと殺されてしまうように、自分を守ることは悪くありません。当たり前の反応です。

 

何が困るかというと、成長の芽が摘まれてしまうことです。

僕が寝てしまうのを講義のせいにしたとたん、理解が止まってしまいます。

課題がわからなければ、講義がわかりにくいからしょうがないと言い訳する。理解しようとせずに、家でテレビを見ながらポテチを食べる自分が許されてしまう。

そのあげく、単位を落とせば、取れる方がおかしいと必死に自己正当化する。

 

それで成長できるわけありませんよね。

 

成長が止まれば、失敗が増えます。今までできたことができなくなります。イライラします。ストレスが溜まります。

 

でも、その原因は自分じゃない。

 

じゃあ、誰が悪い?

 

お前らだ!

 

他人を見下し、頭が固く、自分の意見を無理やり通す老害の誕生です。

 

 

今日から言い訳をやめよう!

言い訳が減れば、周りの反応も確実に変わりますよ。

僕もどうやったらブログで稼げますか?と質問をされることが多いんですけど、言ったことを素直に実行してくれる人は応援したくなりますもん。

ちょっと厳しいかなと思うことをこなしてきたときは感動すらしますね。

 

失敗したとしても、それを踏まえてアドバイスをしてあげようという気持ちになります。

 

できるできないは関係ありません。やるかやらないかです。

 

失敗したっていいんです。必死に言い訳をこしらえて、無理に自分を守らなくていいんです。バカだと思われたっていいじゃないですか。無能でもいいじゃないですか。

 

今日から言い訳をやめて、胸を張って生きれるようになりましょう。

 

それでは、この辺で!

 

 

おもしろい!へぇ~!役に立つ!
二度と言い訳なんかするもんかっ!と思ったらポチっとお願いします!!

「楽しいは正義」

24歳。
お酒とマンガは人類の宝。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

ブログがきっかけで法人をコンサルすることになりました。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はコチラ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です