総額11万円のセミナーが今なら無料!!

次世代無料オファー

次世代起業メソッドとは

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

起業は難しくありません。
正しい方法論を学びさえすれば。

次世代起業メソッドとは3億円マーケターこと加藤さんが提唱する起業の方法論です。
それも、何もない個人がゼロから起業するのにぴったりな方法です。
複雑な理論は一切出てきません。
勉強が苦手だった人でも簡単に理解できるでしょう。
加藤さん曰く起業するのにMBAの知識は役に立たなかったそうですからね。
いくら難しい理論を学んでも使う場所がなければないのと同じです。

 

次世代起業なら1年で1億円稼げる

加藤さんが大手企業を脱サラして、
最初に取り組んだ事業はせどり事業でした。
元手はわずか20万円。

 

プログラミングを独学で学び、
わずか2カ月でシステムが完成。
カードで100万円分の古本を仕入れたところ、
翌月には180万円売れて順調に黒字発進。
(いきなりカードで100万円ぶっこんでいるのは、
100万円までの借金なら1年で完済して再起できると考えたため。
背負える最大のリスクが100万円だったのでしょう。
元手があれば事業は加速しますが、
なくても問題なく起業できるので大丈夫です。)

 

3月に起きた東北の地震で古本の流通が麻痺。
本来なら事業存続不可能なアクシデントにも関わらず、
新たに自己配送という流通経路を確保することでこれを回避。

危機を乗り越え、そのままの勢いで人員を増やし一気に事業を加速。
8月には1800万円を売り上げる。
その後も順調に売上を伸ばしていき、
初年度で年商1.1億円を達成。
起業1年目で年商1億円企業の経営者となる。

 

さらにその後半年で累計売上3億円を突破。
古本屋で本を仕入れるだけでなく、
古本の買取代理店を展開するなど事業を拡大。
起業2年後にはAmazon法人部門月間売上高2位(4583万円)を達成。

 

このまま順調に事業が拡大していくかと思われたが、
またもやアクシデント発生。
当時あった17万冊の在庫がAmazonの倉庫の限界に到達。
在庫削減を言い渡される。

大手の都合で経営計画を変更せざるを得ないことから、
せどり事業からの撤退を決める。

 

自社で使用していたシステムを貸し出し販売するASP事業へと転換。
その年の年商をほとんど落とさずに事業転換を成功。
ASPで利益を得るITベンチャー企業となる。

自身の起業理論、経験を盛り込んだ、
次世代起業家育成セミナーを開催。

 

こうして次世代起業メソッドは生まれました。

加藤さんは今まで取り組んだ5つの事業を全て成功させています。
起業成功率がわずか数%と言われているなかでこの数字。
これもちゃんとした方法論があるからこそ実現できることです。
さらに言えば次世代起業メソッドは、
実績に裏付けられた信頼できる方法論とも言えます。

 

次世代起業メソッドを支える2つの概念

次世代起業には従来の起業にはない、
核となる2つの重要な概念が存在します。

どれだけ画期的な商品でもこの視点が抜けるだけで、
売上は半減し、さらに忙しさのあまり、
自分らしく生きるどころじゃなくなってしまいます。

 

ウォンツ創出

ウォンツを創出することで収入が一気に10倍になります。

ニーズは必要なものですが、
ウォンツとはひとことで言うと欲しいものです。
贅沢品やブランド品は全てウォンツを満たす商品です。

ただのカバンはニーズしか満たしませんが、
ヴィトンのバッグはウォンツを満たします。
ただの車はニーズしか満たしませんが、
ベンツはウォンツを満たします。

 

高度経済成長期までは市場にモノが足りていなかったので、
カバンや車を作るだけで飛ぶように売れていきました。
ニーズが満たされていなかったからです。

ですが今はモノで溢れかえっています。
ニーズはすでに満たされています。
そんな時代にただのカバンを作っても全く売れません。
バーゲンで値下げされて叩き売りされるのがオチです。

 

ウォンツを創出するとは新たな価値をお客に認識させるということです。
たとえば塾。
普通に「わからない場所を教えます」と言うだけだとニーズしか満たしません。
これを「ライバルに打ち勝って志望校に合格する方法を教えます」と言ったとたんウォンツになります。
学校の勉強を補う程度の価値しかなかったのが、
ウォンツを意識したとたん「競争に勝つ」といった新しい価値を提供し始めます。
「競争に勝つ」という欲求がウォンツそのものです。
子供をどっちの塾に入れたいかを考えれば、
ウォンツの力は一目瞭然です。
少しぐらい高くても関係ありません。

 

ウォンツは人間の根源的な欲求に訴えかけるので、
単価が跳ね上がります。
なんとなく起業する人はニーズを一生懸命売ろうとします。
すると、あっという間に他社に真似されて値下げ合戦が始まります。
牛丼がいい例ですね。
ヴィトンのバッグが10万円以上で売れるのはニーズじゃなくてウォンツだからです。
ウォンツは真似されにくく値下げ合戦に巻き込まれないので、
安売り戦略で息切れしている他社を尻目に圧倒的な利益を上げることができます。

ニーズではなくウォンツを元に商品を考えることで、
収入が爆発します。

 

システム化

立ち上げた事業にシステム化を施すことで、
あなたが何もしなくても収入が入るようになります。
文字通り寝ているだけで儲かります。

どれだけ売上が上がっても忙しかったら意味がありません。
せっかく稼いだお金も時間がなければ使えませんからね。
銀行口座の数字をいくら増やしたところで、
人生はこれっぽっちも豊かになりません。
数字を眺めてニヤつくよりも自由に使えたほうがいいに決まってます。

サラリーマンである程度成功したとしても、
あるレベルを超えると豊かさはほとんど変化しないでしょう。
どれだけお金があっても使える時間が限られていますからね。
お金と時間の両方が手に入って初めて、
豊かな人生を歩むことができます。

 

また、忙しいと新しい戦略を考える暇がないのと、
規模の拡大に仕組みが対応できないので、
事業の成長がぴたりと止まってしまいます。

多くの人の事業が伸び悩むのがシステム化が施されていないのが原因です。
ただがむしゃらに頑張るだけだと、いずれこの壁にぶち当たります。

「経営者は働いてはならない」というのが加藤さんの経営哲学です。
経営者は暇じゃないとダメなんです。

さらに利益が出ることを確認してから拡大できるので赤字リスクを削減できます。
リスク0で起業するのが次世代流の起業です。

 

次世代起業のメリット

本質

次世代起業をするとビジネスの本質が身に付きます。
時代が変わっても本質は変わらないので、
一度本質を学んでしまえば事業がより安定します。
どんな分野にも応用が可能なので、
まだやりたい事業が決まっていなくても、
学んでおいて損はありません。

初心者の人によくありがちなのがノウハウコレクターです。
これをすれば稼げる!という情報に飛びついては稼げずに肩を落とし、
また新たな情報を探し求めます。
ノウハウはちゃんと理解するからこそ威力を発揮します。
ビジネスのことがよくわかっていないのに、
ノウハウばかり追い求めても稼げるようにはなりません。
初心者こそ最初に学ぶべきなのは本質です。

小手先のテクニックで一時的に売上をあげるのではなく、
本質を理解して事業を安定させることができれば、
本当の意味での安定が手に入るでしょう。
なんらかのアクシデントで事業が立ち行かなくなっても、
また新しく事業を立ち上げればいいだけですからね。
何度でも再起可能です。

ある意味サラリーマン以上に安定です。

 

リスク0

起業はリスクがあるというのも大きな誤解です。
起業のリスクは、
うまくいくかもわからないのに借金をしてしまうからです。
失敗したらそのまま借金を背負って人生終了。
起業というよりもギャンブルに近いですね。
そりゃ成功率は絶望的な数字になります。

 

加藤さんはリスクをとって、
いきなり100万円をぶちこんだように見えるかもしれませんが、
システムが動作することを確認した上で行動に移しています。
だから実際はほぼリスク0です。

銀行から借金をすることも考えたそうですが、
手続きがめんどくさくてやめたそうです。
許可が降りるまで待ってられないと。
何もしないことがリスクだから、
とりあえず行動してみたら1年で1億円稼げたと。
相変わらずブッ飛んでます。

 

次世代起業は自己資金から始められるのでリスクはありません。
最初からお金をかけないので、
失敗したとしても人生に影響はほとんどないでしょう。
副業でこっそり始めることもできます。

アフィリエイトならネットにつながったパソコンさえあれば今すぐにでも始められます。
僕もアフィリエイトをゼロから初めて10万円稼ぎましたからね。
完全にノーリスクです。

 

暇になる

次世代起業は従来の起業と違い、
暇になります。

これもシステム化がなせる技ですね。
忙しくしていると働いている気になってしまいますが、
実際は真逆なんです。

 

加藤さんも4583万円売り上げてAmazonの法人部門で2位になったとき暇だったそうです。
普通なら売上に応じて忙しくなっていきますが、
システム化を施していたので売上が増えても管理の手間はほとんど変わらなかったそうです。
空いた時間はドライブや旅行をして時間をつぶしているんだとか。
なんという贅沢な暇つぶし。

今でも加藤さんは1カ月会社に顔を出さなくても問題ないんだそう。
出社するのも週に2、3回で1日3時間未満。
普通じゃ考えられないですよね。

 

もちろん最初から暇なわけではなくて、
システムを作るときと拡大するときは、
働かなければいけません。

ゼロから自分で立ち上げて、
暇になれるようにシステムを最適化していくイメージでしょうか。
事業を立ち上げて暇になれれば無事システム化の完了です。
一度システム化が完了すれば、
そのシステムは半永久的にあなたにお金を生み出し続けてくれます。

自動で収益が発生するのもサラリーマン的な労働にはない魅力ですね。
40年ひたすら働き続けることを考えれば、
ほんの数年頑張ってシステムを作り上げてしまうほうが、
長い目で見ると賢い選択に見えます。

 

1億円も狙える

加藤さんが実際に1年で達成してしまったように、
個人レベルでも1億円を狙うことは可能です。

世間では1000万円で大台と言われているので、
スケールの違いにビビります。
普通のサラリーマンの給料レベルならあっさりとブチ抜いてしまうでしょう。

自分らしく生きるだけなら1億円も稼がなくても実現可能なので、
無理にそこを目指す必要はありませんが、
稼げる金額に制限はないということを覚えておいてください。
加藤さんレベルになると宝くじがただの紙切れに見えるんだろうなあ。


>>起業初心者の方へ

>>次世代起業メソッドとは

>>情報商材とは

>>最初に取り組むべき教材の見極め方

>>レールから外れた世界

>>自分らしい人生の取り戻しかた

>>起業初心者の陥りがちなワナ

>>アフィリエイトとは

>>ブログメルマガアフィリエイトの手引き

ブログ書いてる人

シュン
「楽しいは正義」

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら

ブログランキング参加中!!
↓↓↓

ポチっとな

次世代起業家育成セミナー 特別編

資金なし、人脈なし、スキルなしのゼロの状態からたったひとりで起業して成功する具体的な方法論に触れた唯一のセミナー。
起業初年度で1.1億円を売り上げた次世代起業メソッドとは?

講師は3億円マーケター。
起業に必要なのは技術力でも奇抜なアイディアでもなくて、どうやるか?

詳しくはこちらから

3億円マーケター

資金0、人脈0、知識0でもノーリスクで成功できる!


加藤さん。
次世代起業メソッドの生みの親。

京大MBA卒業後、大手企業を半年で脱サラ。
起業1年目で年商1.1億円をたたき出す。
ビジネスを拡大しすぎてAmazonの倉庫をパンクさせた過去を持つ。

次世代起業の普及に燃えている。

自由な人生を手に入れる教科書

Amazon電子書籍ランキングで堂々の1位を獲得した次世代の生き方がリアルに描かれた「自由な人生を手に入れる教科書」が今なら無料!
無料の書籍をダウンロードするだけで12,800円相当のセミナー映像がもらえるという超お得なキャンペーン中!

無料相談受付中


SkypeID : sppshun01

Skypeでの無料相談を5名限定で受け付けています。
起業に関する悩みなら何でもOK。
もちろんネットビジネス、アフィリエイトのことでも大丈夫です。
少しでも気になることがあればこの機会に是非。
あなたのお悩み全力で解決いたします。
起業相談24時間365日いつでも大歓迎。

twitter

メールフォーム

過去記事