オススメ動画!

告白できない人は起業できない

告白


こんにちは、学生起業家のshunです。
今日も起業に関するお役立ち情報をお届けしますね。

 

 

告白と起業ってなんか似てるなって思うんです。
好きな子ができて付き合いたいと思ってもなかなか告白できないじゃないですか。

 

ふられたらどうしようとか、迷惑だと思われないかなとか、いまの関係が終わるのが嫌だなとかいろいろ考えると思うんでよね。
少しでもふられる可能性があると恐怖で身動きできなくなってしまいます。
それで今のままの関係も嫌いじゃないしと言い訳して、告白しないままずっと友達のままでいるんですよ。
するとどうなるか。

 

その子に恋人ができるんですよね。
仲が良いだけに真っ先に報告がきます。
それも嬉しそうに。
精一杯祝福しているように演技をするけど、内心では後悔の気持ちでいっぱいです。

 

 

何で告白しなかったんだろう。

 

 

あれだけ仲がよかったんだから付き合えた可能性だって十分あったじゃないか。
告白するタイミングだっていくらでもあった。
友達に協力してもらうこともできたはず。
いくら後悔してもしきれません。

 

原因ははっきりしています。
告白するという勇気がほんの少し足りなかったんですよね。
えいやっという思い切りがほんの少し足りなかった。
どうにでもなれという恐怖を乗り越える力がほんの少し足りなかった。
気持ちを伝えるという小さくて大きな行動をとることができなかったことが唯一の原因です。

 

でも一度でもできてしまえば、次からは告白しないという選択肢はなくなります。
どのタイミングでどうやって告白するかに問題が変わります。
告白するという壁を一度でも乗り越えたら同じ壁は二度と現れません。
その代わりに別の壁が現れるだけです。

 

 

起業も似ていると思うんです。
いくら綿密にビジネスモデルを考えても100%成功する保障なんてどこにもありません。
そんなものないとわかっているはずなのに成功する理由を探し始めます。
成功する根拠を探せば探そうとするほど、失敗する原因を次々と見つけます。
すると絶対いけると思っていたプランが失敗するプランにしか見えなくなるんです。
こんなんじゃダメだ。
もっと確実に成功できる計画を立てなければならない。

 

計画を白紙に戻し、また新たなプランを考え始めます。
毎日毎日睡眠時間を削ってまで新しいビジネスを模索します。
そうしてやっと作りあげた完璧なプランも、やはり考えれば考えるほど失敗するようにしか思えなくなります。

 

そうこうしている間に結婚し、子供が産まれ、なにかとお金が必要になってきます。
収入を失うことは絶対に許されません。
収入がなくなることは家族が露頭に迷うことを意味します。

 

今はまだダメだ。
子供がもう少し大きくなって手がかからなくなってからにしよう。

 

そして子供が成人して自立するころにはかつてあったはずの情熱がすっかりなくなっています。
もう起業するエネルギーなんて残っていません。
気付けば定年退職。
老後を送るには十分な退職金を手にしますが、それを使って起業しようなんてゆめゆめ思いません。

 

 

そして死ぬ間際にやっと気づくんです。
あのとき起業しておけばよかったって。
思い切って挑戦しておけばよかったって。
自分がやりたいことをやっておけばよかったって。
後悔してもしきれません。

 

 

起業が告白と違うのは死ぬまで後悔できないということです。
死ぬ間際になって初めて挑戦しなかったことを後悔します。

 

 

えいやっと一歩を踏み出す勇気。
そこには100%うまくいく保障なんてないんです。

 

 

どこかで決断しなければいけない時が必ずやってきます。
壁は乗り越えない限りそこに存在し続けるんです。
どうせ決断するなら早いほうがいいと思いませんか?
そこで一歩を踏み出せるかどうかがその後の人生を大きく変えるはずです。

 

 

恐怖に目をつむって自分を騙してでも一歩を踏み出しましょう。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

応援よろしくお願いします!

こんにちは、シュンです!

お酒とマンガを愛してやまない24歳。

ネットで稼ぎたい人に向けて、ブログで効率よく稼ぐ方法を発信しています。主にアフィリエイトをやっています。

少ないアクセスを収益に変えるのが得意。最高月収44000円と、同規模のブログの約42倍の収益性を達成しました。

初心者向けの無料相談もやってます。ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

就活を放棄して専門スキルゼロで、レールを外れた筆者の詳しいプロフィールはこちら

オススメ動画!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です