オススメ動画

落ちこぼれニート大学生がパソコン1台でお金を稼ぐキッカケになった動画を紹介

1億円貯金してもお金の不安は解消しない。本当に不安を取り除けるのはいつでも稼げるという確信だけ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金の不安

 

どうもこんにちは、ネットでお金を稼いでいるシュンです。

 

みなさんお金の不安ってありますか。

 

ひとり暮らしを始めて、生活費が思ったよりもかかるなと思ったら、そのうえに税金が重くのしかかる。

返ってくるかもわからない年金を払うぐらいなら貯金したい。それが正直なところではないでしょうか。

 

 

いくら貯金をしても無駄

お金の不安をなくそうと貯金に励む人は多いです。

毎月の少ない給料でいかにやりくりするか。おでんを買うのは70円セールの日だけ。飲み物はスーパーで2Lのペットボトルを買って、水筒に移し替えて持っていく。

毎日数十円を節約して、少しでも貯金しようと努力する。

 

でも、どれだけ貯金をしたところで、不安はなくならないんですよね。

 

コツコツ貯金して、貯金額は順調に増えて50万円に。毎月目標金額は貯金できていて、通帳を見るのが楽しい。この調子で貯めていけば、老後もなんとかなりそうだと、楽観的になれます。

ところが貯金が100万円に達したとたん、職場をクビになり、次の仕事を見つけるまでに貯金がどんどん減ってしまった。気づけば残高は50万円。

同じ50万円でも、貯金が増えているときと、減っているときでは、感情は全くの真逆です。

 

貯金が1億円あっても同じです。

残高が増えると安心し、減ると不安になります。さすがに1億円ともなると不安は感じないかもしれません。それが一番やばいんですけど。

お金が減るのは本来であれば不安なのに、それを感じられない。金銭感覚の崩壊です。どんどん貯金が減って、本気でやばいと思ったときには手遅れ。支出を抑えきれずに、そのまま借金に一直線です。

 

(2017/10/17 追記)
なんか、まさにみたいな事例があったので、貼っておきます。
遺産で6000万入った貧乏婆さんの末路(追記の追記有り)

祖父の遺産で6000万円を手にした、とある母親の話です。一度狂った金銭感覚は戻らないということがよくわかります。不安センサーもバカになってしまってます。

4000万から100万消えてもインパクトは少ないが、500万から100万消えたら怖いわな。

でも身についた贅沢癖は簡単にはなおらない。月100万使う所をなんとか80万には出来ても、金がある間は月10万生活には戻れない。

超リアル…

 

貯金はデッドラインまでの距離を表しているだけ

貯金額が増えると安心するのは、デッドラインが遠ざかるから。でも、大きな買い物や、失業などで貯金が減ると、不安が一気に押し寄せてきます。

大事なのは貯金額ではなく、貯金が増えるか減るかです。

 

人生なにがあるかわかりません。どれだけ自分が気を付けていても、家族が借金を抱え込んで、代わりに返済しないといけなくなるかもしれない。仕事中に倒れて、収入が止まった上に、高額な入院費で貯金がものすごいスピードで溶けていくかもしれない。

 

貯金を減らさないようにするのは無理です。

 

そもそも、何かあったときのために、蓄えるのが貯金ですから、それが役に立っているのはいいことです。でも、緊急時に頭をよぎるのは、貯金があって良かったではなくて、この先どうしようという不安です。

お金を貯金額にのみ頼るのは、精神的にあまりにも不安定。心が休まる暇がありません。

 

 

いつでも稼げると確信していたら不安は消えてなくなる

貯金がいくら減ろうと全く気にならなくなる方法があります。

それは、自分でお金を稼げるときです。

稼ごうと思ったら、いつでも稼げる。

この状態がどれだけ心に安定をもたらすか。

 

大学時代に完全なニートになったことがあります。バイト先がつぶれて収入は奨学金のみ。毎日少しずつ貯金を食いつぶして生活していました。

あの時は辛かったですね。1日中お金のことばかり考えていました。トイレをすれば、これを流すのにもお金がかかるのかと、気持ちよく流すことができません。食器を洗うにも、えんぴつぐらいの太さでチョロチョロと水を出す。最後は冷蔵庫がすっからかんになってしまい、本当にダメかと思いました。

 

でも今は、お金の不安はいっさいありません。貯金は5万円しかありませんが。笑

冷静に考えて貯金が5万しかないって、やばいですよね。どや顔でブログに書く金額ではありません。

何かの拍子になくなってしまう貯金額で、僕が安心していられるのは、いつでも稼げると確信しているからなんですね。

お金を稼ぐ方法がわかっているって、それだけで心強いです。

 

泳げない人にとったら、海は命を落とす危険のある恐怖の場所です。浮き輪にしがみついていても、恐怖が消えることはありません。

でも、泳げる人にとったら、海はとても気持ちのいい場所です。恐怖のかけらもありません。溺れようと思っても、溺れることができない。何があっても大丈夫という確信があります。

貯金がなくても安心できるのはそういうわけです。

 

 

不安はすぐにはなくならない

お金の不安からすぐにでも逃れたい。

その気持ちはすごくよくわかります。ずっと不安を感じるのはしんどいですからね。何も手につかなくなって、気が付いたら貯金のことを考えています。

 

でも、残念ながら、すぐに不安が消えることはありません。

お金を稼ぐにしても、1年から3年はかかります。少なくともその間は、貯金を意識して生活しなくてはいけません。

 

無理やりにでも、今すぐ不安をなくそうとするとどうなるか。

カモられます。

  • 大穴狙いのギャンブル。
  • 誰でも稼げるという怪しい情報に手を出す。
  • 必ず儲かるという案件に投資する。
  • 金運アップのお守りを買う。
  • etc…

世の中にはお金の不安につけこんだビジネスがあふれています。

絶対儲かるなんて世の中に存在しないことはわかりきっているのに、お金を失う不安が”絶対儲かる”にすがりつかせます。

今すぐ安心したい衝動を抑えて、ちょっとだけ頑張ってみてください。数年だけ腰を据えて努力してみてください。

自力でお金を稼ぐことができるようになると、本当に世界が変わって見えますよ。

 

 

まとめ

大事なのは貯金額ではなくて、貯金の増減。

それよりもっと大事なのは、いつでも稼げるという確信です。

不安から解放されたいという気持ちに負けないで。

歯を食いしばってでも、稼げるようになりましょう。それがお金の不安から解放される一番の近道です。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

もしろい!へぇ~!役に立つ!
お金があってもお金の不安はなくならないっ!と思ったらポチっとお願いします!!

 

こんにちは、シュンです!

お酒とマンガを愛してやまない24歳。

ネットで稼ぎたい人に向けて、ブログで効率よく稼ぐ方法を発信しています。主にアフィリエイトをやっています。

少ないアクセスを収益に変えるのが得意。通常のブログの約20倍の収益性を達成しました。

初心者向けの無料相談もやってます。ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

就活を放棄して専門スキルゼロで、レールを外れた筆者の詳しいプロフィールはこちら


落ちこぼれニート大学生がパソコン1台でお金を稼ぐキッカケになった動画を紹介

人気・オススメ記事まとめ

1.就職したくないこんな世の中じゃ

2.今しかできないことはやってはいけない

3.学生気分じゃダメだと偉ぶる社会人にひとこと言いたい

4.いつまでも稼げない人がハマってる唯一にして最大の原因はコレ

5.どうやったら稼げるかを考えるのは実はあまり意味がない




冗談抜きで参考になった本、教材たち


エッセンシャル思考で99%の無駄を捨て、重要な1%に集中して最速で成功する方法

落ちこぼれ大学生だった僕がビジネスで食っていくきっかけになった動画を紹介!

当ブログのコンセプト「次世代起業で雇われずに、好きなことをして生きる」について




面白い!感じたらフォローしてください。
役に立つ起業情報をいち早くお届け!




follow us in feedly

友だち追加



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ書いてる人

シュン
「楽しいは正義」

こんにちは、シュンです!

お酒とマンガを愛してやまない24歳。

ネットで稼ぎたい人に向けて、ブログで効率よく稼ぐ方法を発信しています。主にアフィリエイトをやっています。

少ないアクセスを収益に変えるのが得意。通常のブログの約20倍の収益性を達成しました。

初心者向けの無料相談もやってます。ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

就活を放棄して専門スキルゼロで、レールを外れた筆者の詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中!!
↓↓↓

ポチっとな

次世代起業家育成セミナー 特別編

資金なし、人脈なし、スキルなしのゼロの状態からたったひとりで起業して成功する具体的な方法論に触れた唯一のセミナー。
起業初年度で1.1億円を売り上げた次世代起業メソッドとは?

起業に必要なのは技術力でも奇抜なアイディアでもなくて、どうやるか?

詳しくはこちらから

twitter

メールフォーム

質問・ご相談、何でもお待ちしています。
返信をお約束いたします。

過去記事