オススメ動画!

起業するなら押させておきたい!青色申告と白色申告、お得なのはどっち?

税金

名前は聞いたことあるけど、いまいちよくわからないというのがこの青色申告、白色申告だと思います。
これらは確定申告する際の申告方法の違いです。
以前は白色申告のほうが簡単だったのですが、平成26年より白色申告にも帳簿づけが義務化されたので両者の違いは小さくなりました。
おおまかな違いを表にまとめました。

表

白色申告

白色申告は事前の申請は必要ありません。
なにも申請していなければこの方法で確定申告することになります。
起業して間もなく売上があまりない方は白色申告で十分ではないでしょうか。

 

 

青色申告

白色申告と違って事前の申請が必要になります。
手続き自体は簡単に済みます。
詳細は→ もう困らない!起業から会社設立までの手続きを徹底解説の1,2参考に

 

青色申告には単式簿記と複式簿記の2種類の記帳方法があります。
この2つの違いは特別控除額です。
単式簿記の場合控除額は10万円、複式簿記の場合控除額は65万円となります。

 

この他の税金の優遇措置はどちらの記帳のしかたでも以下の優遇措置を受けることができます。

赤字を3年間繰り越せる
例)
1年目 50万 赤字
2年目 30万 赤字
3年目 50万 赤字
4年目 150万 黒字
となったときの4年目の課税所得は
150-(50+30+50)=20 万円 となります。

家族への給与が経費になる
家族を従業員として雇用する場合、給与を必要経費として課税所得から差し引くことができます。
この事業を手伝ってくれる家族のことを専従者と呼びます。

減価償却の特例
白色申告であれば10万円までの減価償却資産しか一括経費にはできないのですが、青色申告では30万円までを一括経費にすることができます。

貸倒引当金の処理
自宅をオフィスとして使用すると、家賃や光熱費の一部を経費として処理することができます。

 

まとめ

白色申告にも記帳が義務化されたことにより白色申告を選ぶメリットが少なくなりましたね。
ほとんど変わらない手間で青色申告の10万円の控除を受けることができるので。
あと最近は会計ソフトもいろいろ発売されているそうで、使い方さえマスターすれば複式簿記も簡単にできるみたいです。
ますます青色申告のメリットが大きくなりますね。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

応援よろしくお願いします!

こんにちは、シュンです!

お酒とマンガを愛してやまない24歳。

ネットで稼ぎたい人に向けて、ブログで効率よく稼ぐ方法を発信しています。主にアフィリエイトをやっています。

少ないアクセスを収益に変えるのが得意。最高月収44000円と、同規模のブログの約42倍の収益性を達成しました。

初心者向けの無料相談もやってます。ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

就活を放棄して専門スキルゼロで、レールを外れた筆者の詳しいプロフィールはこちら

オススメ動画!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です