オススメ動画

落ちこぼれニート大学生がパソコン1台でお金を稼ぐキッカケになった動画を紹介

「組織の壁」 夢のキャンパスライフのはずが・・・

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大学で最初にぶつかったのは「組織の壁」です。

 

アルバイトや部活動、クラスなど、いくつもの組織に所属してきました。でも、組織を運営したことはありませんでした。

所属していただけ。管理する人が別にいて、その人の言うことに従っていれば問題はなかった。

 

大学で組織を運営する側に立って初めて、組織がどういうものかを理解しました。

そして、僕は組織に向いてないなと心底感じました。

 

何が向いてないって、とにかくめんどくさい。

 

無駄なことが多すぎる。それ意味ある?ってこともルールだからと従わなければならない。意思と反することをやるのがこれほどストレスだとは思いもしませんでした。

 

例えば、出来レース会議です。

期待に胸を膨らませた僕が、夢のキャンパスライフの舞台に選んだのは学園祭の実行委員でした。

学園祭を取り仕切る団体なんですが、イメージは生徒会です。お堅い団体。

 

賢い普通の大学生なら、ゆるーいサークルを選びます。気の向いたときだけ練習に顔を出して、めんどうなら適当にサボる。人生で唯一、ゆるく適当に生活しても許される、それが大学です。

 

それをあろうことか、僕はサボることが許されない、超お堅い団体に所属してしまった。

新入生のビッグイベント、新入生歓迎会で僕の中で一番忘れさせたい特技No.1の人見知りが発動してしまい、まともな知り合いを作れなかったんですね。

気付いたら新歓時期も終わっていて、まともに知り合いがいたのが、この実行委員だったというわけです。

 

深く考えていませんでした。失敗したとか、ましてや今後の人生に大きく影響を与えることになろうとは・・・

 

学園祭を運営するわけですから、いろいろと決めなければなりません。

 

どうやって決めるか?

 

会議です。100人もの大人数が一部屋に集まって、好き勝手に意見を出し合います。意見を並べるだけ並べて、最終的には多数決で決めると。

 

新歓も終わって、メンバーが確定しようかという頃、その出来レース会議はありました。

その日は、学園祭の日程を決めるとかで、どでかい講義室に集められていました。

秋にやるのは決まっているけど、細かい日程はまだ決まっていないから、みんなで決めましょうと。

 

  • 2日間開催にするのか、それとも3日間頑張ってやるのか。
  • 片づけに1日使うのか、それとも最終日に片づけまで全て終わらしてしまうのか。
  • 週末はお客さんがたくさん来るけど、それを最終日にもってくるのか、初日にして翌日以降の集客につなげるのか。
  • etc…

 

なんか、日程を決めるだけなのに、すごいいろいろ考えてるんだなと思いました。意見の出るスピードも半端じゃない。

 

気になったのが、やたら上級生が発言を促してくること。

「何か意見あったら言いや」

「質問があれば聞いたらいいし」

「手をあげて何か一言でも発言しよう」

 

なんだか上級生の空気が話し合いっていう空気じゃない。

 

これって大事な会議なんじゃないの?

下級生の意見が通ってしまっていいの?

 

違和感こそ感じましたが、そういうものかと納得していました。

意見を出せといわれたものの、僕が手を挙げたのは、多数決のときだけでした。

 

無事日程も決まり、来年はもっと意見出せたらな、なんてのんきに考えてました。

 

そのチャンスは1年もたたずにやってきました。もうすぐで2回生にあがろうかという冬、新入生が入ってくる前に全く同じ会議が開かれたのです。

 

そのとき僕は理解しました。ああ、あの会議は出来レースだったんだなと。僕達が入学してくる前にすでに結論は決まっていて、上級生の手のひらの上で転がされていただけなんだなと。

 

なんだか裏切られたように感じて、非常に腹が立ったのを覚えています。

そのころには、上級生はすでに引退していて、自分たちが団体のトップの学年になっていました。

 

日程を決めるのに、真新しい意見はそう出ません。ある程度の時期は決まっているので、前回と似たような内容の会議になりました。前回の会議のレジュメを持参している人もいました。

本番であるのにも関わらず、緊張感がありませんでした。会議は気づいたら終わっていました。

 

後日、日程の発表がありました。

驚いたことに、会議で決まった日程とは違っていました。

 

学園祭を学校を借りてやる以上、学校の意見を無視することはできません。希望が通らないかもとは聞いていました。会議で決まったことを持って、委員長たちが学校側と話し合って最終的な日程が決まると。

 

まあ、仕方ないかと思いました。そういうこともあるかと。

 

ところが、とある日、風のうわさでとんでもないことを耳にしました。

 

「日程は最初から学校側が決めている」

 

はあ?

入学早々やった会議はいいとして、上級生だけの会議も全くの無意味だったと?

 

とんだ茶番です。

 

それなら、最初から日程会議なんてやらなくてよくないか。会議なんてせずに、今年はこの日に学園祭をやります、でいいやん。

 

なぜ、100%無駄になるとわかっている会議をするのか、僕には理解ができませんでした。

このことを身近な先輩に愚痴ったところ、考えることに意味があると、ふわっと濁されました。

 

そりゃ考えないよりは考えるほうがいいに決まってます。でも、日程よりも考えるべきことは山ほどあります。その時間を削ってまで、茶番をやる必要があるのかは疑問です。

 

会議の中身は考えるけど、会議をやる意味は誰も考えてないんだと気付きました。

 

 

他にも、組織の理解できないことがありました。

 

「新歓が終わるまでは、付き合っていることがばれてはいけない」

 

という謎ルールです。

茶番の次は謎ルールかとあきれました。

 

なぜ、こんなへんてこなルールができたかというと、新入生を少しでもたくさん入れて、人手を確保するためです。

学園祭って結構準備とか大変なんですね。

 

  • 広大な敷地内で模擬店のテントを置く場所をひとつずつ計測して、目印にテープを貼ったり
  • 外部からもテントを借りるため、ちゃんと使えるか、一度全部組み立てて番号をふったり
  • 学園祭の前後で机やイスがなくならないように、教室にある全てのモノの数をメモったり
  • etc…

 

平日は休みなく作業しないと間に合わないし、土日は会議がみっちりと詰まっています。

学園祭直前などは、企画のリハーサルがものすごい数あります。自分の作業もやりつつ、リハーサルにもでないといけない。

 

前日なんか、すべての準備が終わるのは深夜3時をまわります。当日はさらに忙しく、ゆっくりとお昼ごはんを食べる時間などなく、分刻みでスケジュールが組まれます。少しでも人手がほしい。

 

学園祭が成功するかどうかは、新入生が何人入ってくれるかにかかっていると言っても過言ではありません。

 

だから、少しでもたくさんの人に入ってもらうために、交際を隠すと。

 

いま自分で書いていても、理解できませんね。笑

気になる先輩がいるからといって、それで大学生活を左右するサークルを決めるとは思えないし。

それに、残ってくれた人には本当のことを言うことになるのだから、彼女いないよと言ってても100%バレます。

 

なんなら、組織ぐるみでウソをついてたってことで信用をなくすかもしれない。

僕が新入生のときも気になる先輩がいて、アプローチしてたんですね。周りの先輩も結構協力してくれて、いけるかもと思いました。その人は本当に彼氏はいなかったのですが、新歓が終わって実は彼氏いますなんて言われたらと思うと・・・

 

もう何も信用できません。学園祭どころじゃないですね。

 

そんなデメリットしかない謎ルールを守らないといけない。組織とはこんなにも窮屈なものかと思いました。

 

それで、ありがたいことに、当時僕にはお付き合いしている彼女がいました。その先輩とは別の人です。だから、僕は新入生に彼女の存在を気づかれてはいけません。

 

新入生と話すことと言えば、出身地、部活、学部、住処、そして恋愛ぐらいしかありません。恋バナ好きの女の子と当たれば最悪です。

いくらルールとはいえ、堂々と彼女いないと言うことも嫌で、なんとか誤魔化していました。

わざと他のグループにお菓子を取りに行って、テーブルから少しでも遠ざかるようにしたり、となりの男子とだけしゃべって、なるべく女の子と絡まないようにしたり。

 

助けを求めて、同級生に視線を送ると、お前わかっているんだろうなという目をされる。

今にもバレるんじゃないかと、恋愛の話になるたびに冷や汗が吹き出ました。

怪しまれつつも、なんとか誤魔化し通すことはできましたが、本当に意味がわかりませんでした。

 

変なルールを守らされるのも嫌でしたが、もっと嫌だったことがあります。

それは事なかれ主義が身体に染みついていたことです。

 

上級生になったのだから、そんな変なルールはなくしてしまえばいいじゃないかと思うかもしれません。

仮にルール撤廃を提案したらこう言われていたでしょう。

「去年もうまくいったんだから、変える必要はない。

それで新入生が入ってこなかったらどうするつもり?

人手が足りなくて、当日うまくまわらなかったら責任とれるの?」

 

何か権限を持っているわけでもない、ただの部員がそんなことを言われて、責任とりますなんて無責任なこと言えるはずもなく・・・

自分が我慢したらいっかと、訴えを取り下げていたでしょう。

 

それに、何かルールを変えるとなったら、まためんどうな会議が増えてしまう。無駄をなくすために無意味な会議をしないといけない。

無駄の無限地獄です。

 

社会に出ても、こうやって上からの理不尽な要求を飲まされ続けるんだろうな、と思って震えました。

 

 

あと、嫌だなと思ったのは、失敗が一番早く広がることです。

大きな失敗であればあるほど、広がる速度は速く、その日はその話題で持ちきりになります。

 

何やってんねんとみんなでバカにして笑っていました。僕も一緒になって笑いました。失敗をしたのが自分じゃなくてよかったと安心すらしました。

そんな自分が嫌でした。

 

大きな失敗をした者は無能のレッテルを貼られて、会議での説得力は半減し、余計な仕事を増やす奴と、同じ部局の仲間からも冷たい目で見られました。

 

自分が責められないがために、他人のあらを常に探している集団が異様に映りました。油断をしてはいけない。スキを見せれば一気に食われてしまう。

 

何かを成し遂げようとする以上のエネルギーを、失敗をしないための注意に注がないといけませんでした。

入学してから、自分たちの代が終わるまでの1年半、学園祭をいいものにしようという空気を感じたことはありませんでした。

 

とにかく決められたことを、ミスなくやり遂げる。そのことばかり考えているようでした。

 

こう書くと、ものすごく嫌な人間が集まっているように感じます。

でも、それは違っていて、ひとりひとりは本当に真面目でいい人ばかりでした。そんな他人のあらを攻撃するような人はいませんでした。

 

それでも、集団になると、自然とそういう空気になってしまう。

失敗におびえているがゆえに、他人の失敗に敏感に飛びついてしまう。僕もそうだったように。いっときでも安心できるから。

 

組織である以上、足の引っ張り合いは避けられないのだと理解しました。

 

  • 茶番出来レース会議
  • 謎ルール
  • 事なかれ主義
  • 足の引っ張り合い

 

会社も同じ人間がやっている以上、これらの問題からは逃れられないと思いました。

 

40年以上も耐える自信がありませんでした。

 

本質的でない、無駄なことに貴重な人生を費やしている場合じゃないと思いました。

 

こうして「組織の壁」を感じた僕は、就職に絶望したのでした。

 

第2章 「お金の壁」 時給300円で働くと人間は10歳老けることを学んだ日

ブログ書いてる人

シュン
「楽しいは正義」

こんにちは、シュンです!

お酒とマンガを愛してやまない24歳。

ネットで稼ぎたい人に向けて、ブログで効率よく稼ぐ方法を発信しています。主にアフィリエイトをやっています。

少ないアクセスを収益に変えるのが得意。通常のブログの約20倍の収益性を達成しました。

初心者向けの無料相談もやってます。ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

就活を放棄して専門スキルゼロで、レールを外れた筆者の詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中!!
↓↓↓

ポチっとな

次世代起業家育成セミナー 特別編

資金なし、人脈なし、スキルなしのゼロの状態からたったひとりで起業して成功する具体的な方法論に触れた唯一のセミナー。
起業初年度で1.1億円を売り上げた次世代起業メソッドとは?

起業に必要なのは技術力でも奇抜なアイディアでもなくて、どうやるか?

詳しくはこちらから

twitter

メールフォーム

質問・ご相談、何でもお待ちしています。
返信をお約束いたします。

過去記事