好きなことをして自分らしく生きる

 

その本に書いてあったのは、働かずに豊かに生きる方法でした。

そんなうまい話しあるわけないと思いつつ、読み進めると、どうやらビジネスがそのカギのようでした。

 

ビジネスか・・・

 

就職することしか考えてこなかった僕には、まったくぴんと来ませんでした。

ビジネスなんて自分とは最も縁のない世界だと思っていました。

とんでもなく優秀で、頭の切れるエリートたちが、お金のために血みどろの争いをしている。血は流れはしないものの、本物の戦場のような過酷な世界だと思っていました。

 

それでも、「就職せずに好きなことをして自分らしく生きる」というのは、すごく魅力的でした。

似たような本を何冊も読むうちに、影響されやすい僕はすっかりその気になってしまいました。

 

雇われて、自分を殺して奴隷のように働くなんてまっぴらごめんだ!絶対にビジネスで成功してやる。

 

でも、いくら僕がポジティブクソ野郎といえど、いきなり起業してうまくいく気はしませんでした。そもそも始め方すらわからない・・・笑

 

そこで、覚悟を決めて、5年ほど修行をすることに。ベンチャー企業に潜り込んで経営を学ぼうと思いました。遅くとも30歳までには起業できるだろうと。

 

就職したくなかったけど、しょうがない。我慢も必要だと。

 

そこで、適当なベンチャー企業のインターンに応募してみることに。年商は3億円らしい。

 

結果を言うと、この会社が大正解。

数あるベンチャー企業のなかで、その会社を選んだ当時の自分をほめちぎってやりたいですね。

 

なぜなら、就職する以前に、在学中にビジネスを始めることができたからです。

 

5年は修行が必要かなと思っていたのが、わずか半年ほどの勉強でいきなり実践。なんと予想の10倍のスピードでことが運んでしまいました。

 

他の会社だったらこうはいかなかったと思います。下手をしたら、何も教えてもらえず、ぼろ雑巾のように使い捨てにされていたかもしれません。

 

さらに幸運だったのは、ここの社長が起業家育成にとても熱心だったこと。

加藤さんという人なのですが、僕と似たような人を指導していて、独立者も多数輩出しているとのこと。

 

そして、起業家育成のための教材もたっぷりとあると。

 

それは、まさに僕が求めていたものでした。

 

寝食を忘れてセミナーを聞きまくりました。大学の講義とは比べ物にならないぐらいおもしろかった。

バイトでへとへとになっていても、セミナーを見れば興奮で頭がシャキッとしました。

 

※ちなみに、僕が見たセミナーですが、今だけ無料で配布中みたいですので、もし興味があれば視聴してみてください。詳しくはコチラからどうぞ。

 

あっという間に時間がたち、ビジネスのビの字も知らなかったただの大学生が、半年後には立派にビジネスを始めていたのだから驚きです。

 

ビジネスに専念するためにバイトもやめました。研究室も超絶ゆとり研究室を選びました。研究そっちのけでビジネスにのめりこみました。

 

加藤さんから教えてもらった理論は、バリバリの起業理論でした。どのように集客してどう販売すれば売れるか。

集客から販売までをいかに効率よくするかが起業の肝だといいます。

 

ビジネスといっても、アプリを作ったりラーメン屋を始めたわけではありませんでした。僕がやったのはブログでした。ググればすぐに出てきそうな、何の変哲もないブログ。

 

ブログでお小遣い稼ぎは聞いたことがあると思います。一見ビジネスになりそうもありませんが、とんでもない。

ブログといえど、しっかりと仕組みを構築すればサラリーマンも目じゃないほど稼ぐことができます。

 

しかも、全く働かずにです。

 

僕は加藤さんに教わった理論をブログに落とし込みました。

 

気付いたら僕のブログは通常のブログの80倍の収益をあげるようになっていました。

普通の趣味ブログなら1ページ見られてもせいぜい0.2円しか儲かりません。

しかし僕のブログは、1PVで16円も儲かります。

 

ブログだけで食っていくには月間100万PVは必要だと言われています。このブログが100万PVも集めたら、月収850万円になってしまいます。笑

サラリーマンの2年分の年収を1カ月で、しかも自動で稼いでしまう。

 

アクセスを集めるのは大変なので、そこまでするのにはよっぽど能力が必要ですが、独立するだけならそこまでハードルは高くありません。

 

ブログである程度稼げるようになると、僕はなんだか腹が立ってきました。

資本主義でお金を持っている人が強い世の中なのに、なんで学校でビジネスを教えてくれないのか?

ビジネスを教えないどころか、起業に失敗したら人生終わりかのように脅してくる。

 

馬鹿みたいに教科書を丸暗記して、数字と格闘することしか教えてくれない。

お金の稼ぎ方ではなく、お金を稼ぐのがうまい大企業に選ばれる方法を徹底的に刷り込まれる。

 

なんだそれ?

 

たまたま勉強が得意に生まれたらいいものの、そうじゃない大多数の人は劣悪な労働環境に追い込まれてしまう。社会に出る時点で、圧倒的ハンデを背負ってしまう。

正直、このハンデは一生逆転できないレベル。

どれだけ頑張っても並の人生しか送れない。働く気が失せるのも当然です。

 

たまたま、勉強が苦手な体に生まれただけで、人生の待遇が決まってしまう。

 

それはどう考えてもおかしい。

 

だから僕はこのブログを通して、自力でお金を稼ぐ選択肢を提示したい。

知らないというだけで、人生の選択肢を狭まらせてはいけない。

就職先がブラック企業しかなくて、将来の希望が見えない人の光になれたらと思います。