総額11万円のセミナーが今なら無料!!

次世代無料オファー

恐怖に支配されているとくそつまらない人生を送る

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恐怖
こんにちは、学生起業家のshunです。
今日も起業に関するお役立ち情報をお届けしますね。

 

 

人は感情で判断して論理で理由をつけるでは、
買うか買わないかは感情で判断していると言いましたが、
感情で判断しているのはモノを買うときだけじゃないと思うんです。

 

 

僕が初めてジェットコースターに乗ったのは小学校低学年のときでした。
遠足で近所の遊園地に行ったときのことです。
その遊園地には1つだけジェットコースターがあったんですね。
そして乗れるアトラクションは1つだけ。

 

当時僕はジェットコースターは大人が乗るものだと思っていました。
並んでいる人もみんな大きいし、
なによりジェットコースターから聞こえる悲鳴がすごく恐ろしかったんですね。
たまに並んでいる小さな子が英雄にすら見えました。
僕にはまだ早い、そう思っていたんです。

 

 

でも、いるんですよね。
ジェットコースターに乗りたがるやつ。
だいたいお調子者が言い出します。

 

それにつられて周りのみんなも意を決したのか、
次々と乗り場に並んでいきます。

 

普通ならみんなのことも英雄に見えたはずですが、
なんせ負けず嫌いな僕は英雄のことも忘れて、
それよりも負けたくないと思いだしたんです。

 

 

僕の中で2つの感情が戦っていました。
ジェットコースターに対する恐怖と、
みんなに負けたくないというちっぽけなプライド。

 

できればあんなに恐ろしいものには乗りたくない。
でもここで逃げたら負けな気がする。

 

恐怖とプライドの一進一退の攻防が続いた末に、
見事プライドが勝利を収めました。

 

 

そしてみんなと一緒に列に加わり、
今まで味わったことのない恐怖へと進みだしました。

 

列に並んでいると異変が起き始めます。
一度やっつけたはずの恐怖が復活してきたんです。

 

めちゃめちゃ怖い。
どうしよう。
でも今さら引き返せない。
ここで引き返したらせっかくのプライドがずたぼろです。

 

しかし列が進むにつれて恐怖は勢いを増してきます。
間違いなく最初よりも強くなっています。
見栄を張って並んだことを後悔してきました。

 

 

それでも列は進み、
とうとうジェットコースターに乗り込みました。

 

心臓はバクバクです。

 

今にも破裂しそうでした。

 

もう何も聞こえません。
ものすごい角度で上に向かっているレールが見えるだけ。
気付けば恐怖がプライドを完璧に打ち負かしていました。

 

 

 

経験したことのない角度でゆっくりと上がっていきます。
前の人の頭と空しか見えません。

 

 

 

頂上に着いてから落ちるまでの一瞬の間。
息が止まりました。

 

 

 

そんなのお構いなしに真っ逆さまに落ちていくコースター。
相変わらず息は止まったまま。
怖すぎて声も出ません。
安全バーにしがみつくので精いっぱいです。

 

 

 

一瞬のできごとのはずなのに、
落下が永遠にも感じました。

 

 

 

このときの景色は今でもはっきりと覚えてます。
小さな僕が恐怖を1つ克服した瞬間です。

 

 

今ではジェットコースターは一番好きなアトラクションです。
このとき恐怖に負けて乗っていなかったら今だに恐怖と戦っていてかもしれません。
テーマパークや遊園地に行ってジェットコースターに乗らないとか考えられません。
無理やり乗せられそうになって、
毎回恐怖を味わうとかしんどすぎます。
楽しみが半減するうえに恐怖まで感じる。
明らかに損してますよね。

 

これは恐怖に打ち勝つまで永遠に続きます。

 

 

 

そして1年ほど前また恐怖に打ち勝ちました。
と言っても列に並んでいるときのように、
時々恐怖が復活してきますけどね。

 

今回恐怖を打ち負かしたのはプライドではありませんでした。
好きな事をして自由に生きたいという想いです。
その想いから起業するという決断をしました。

 

 

モノを買うとき以外でも感情で判断していると言ったのは、
この恐怖のことです。

 

大きな決断をするときは間違いなくコイツが邪魔をしてきます。
そしてめちゃめちゃ強いです。
ほとんどの人は負けてしまうでしょう。

 

経験上何をするにも恐怖は生まれます。
やったことのないことであればあるほど、
その恐怖は大きいです。
ジェットコースターなんて目じゃないです。

 

 

でもその恐怖に負けていたらなにもできずに人生終わってしまいます。
普通に就職して、
毎朝満員電車にゆられながら出勤し、
失敗におびえながら業務をこなし、
なにもトラブルが起きないこと願い、
毎月のわずかな給料のために貴重な人生の大半を費やす、
たいくつな人生。

 

恐怖は人生をつまらなくします。

 

 

加藤さんもおっしゃってました。
会社をやめるとき、
俺の人生終わるのかなと思ったって。

 

でも実際は終わりません。
ストレスや日々のしがらみから解放されて、
むしろよかったとおしゃってましたね。

 

 

僕は何かやって失敗する恐怖より、
なにもやらずに死ぬ恐怖のほうがずっと大きいです。
死ぬ間際に何も思い出すことがないとかぞっとします。
生きたと言えるのかって。

 

 

恐怖に負けてばかりいると、
人生くそつまらなくなりますよ。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

おもしろい!へぇ~!役に立つ!
何がなんでも恐怖に打ち勝ってやるっ!と思ったらポチっとお願いします!!

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら


次世代無料オファー

人気記事まとめ

1.バカでも生きていけるって最高だなと思いました!

2.資金も経験もない素人でも成功できる次世代起業とは

3.学生起業と一度就職してからの起業どちらが成功しやすいか?

4.いつまでも稼げない人がハマってる唯一にして最大の原因はコレ

5.完全起業マニュアル!総額11万円の起業セミナーが今だけ無料だと!?


起業で気になる「お金」「人脈」「資格」の話

「お金」
起業に必要な資金は起業して稼げばいい

「人脈」
起業って人脈じゃないなと確信した瞬間

「資格」
あなたが起業して成功するのに資格は必要なのか




面白い!感じたらフォローしてください。
役に立つ起業情報をいち早くお届け!




follow us in feedly

友だち追加

無料相談無料相談



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ書いてる人

シュン
「楽しいは正義」

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら

ブログランキング参加中!!
↓↓↓

ポチっとな

次世代起業家育成セミナー 特別編

資金なし、人脈なし、スキルなしのゼロの状態からたったひとりで起業して成功する具体的な方法論に触れた唯一のセミナー。
起業初年度で1.1億円を売り上げた次世代起業メソッドとは?

講師は3億円マーケター。
起業に必要なのは技術力でも奇抜なアイディアでもなくて、どうやるか?

詳しくはこちらから

3億円マーケター

資金0、人脈0、知識0でもノーリスクで成功できる!


加藤さん。
次世代起業メソッドの生みの親。

京大MBA卒業後、大手企業を半年で脱サラ。
起業1年目で年商1.1億円をたたき出す。
ビジネスを拡大しすぎてAmazonの倉庫をパンクさせた過去を持つ。

次世代起業の普及に燃えている。

自由な人生を手に入れる教科書

Amazon電子書籍ランキングで堂々の1位を獲得した次世代の生き方がリアルに描かれた「自由な人生を手に入れる教科書」が今なら無料!
無料の書籍をダウンロードするだけで12,800円相当のセミナー映像がもらえるという超お得なキャンペーン中!

無料相談受付中


SkypeID : sppshun01

Skypeでの無料相談を5名限定で受け付けています。
起業に関する悩みなら何でもOK。
もちろんネットビジネス、アフィリエイトのことでも大丈夫です。
少しでも気になることがあればこの機会に是非。
あなたのお悩み全力で解決いたします。
起業相談24時間365日いつでも大歓迎。

twitter

メールフォーム

過去記事