総額11万円のセミナーが今なら無料!!

次世代無料オファー

起業初心者の陥りがちなワナ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代起業は従来の起業とまったく違うアプローチを取るため、
これまでの起業のイメージがあてにならないことが多々あります。

ちょうど前のページで「才能」や「お金」は必要ないと言ったのもこれですね。

新しいことを始めるときに何の先入観も持たないことは難しいです。
人はみんな思い込みを抱えて生きています。

ときにはその思い込みで損をしてしまうことも。
もっと早く知りたかった!という経験は誰にでもあると思います。

 

あの百獣の王で有名になった武井壮も似たようなこと言ってます。
10歳の頃にスポーツで生きていくと決めて、
がむしゃらに頑張ってきたけど、
スポーツだけで食っていくのは無理だと大人になってから気づいた。
スポーツがうまくなったからと言って、
豊かになるとは限らないと誰も教えてくれなかった。

 
実際、サッカーや野球などのメジャーなスポーツでなければ、
それだけで食っていくのは難しいです。
武井壮としてはもっと早く教えてくれよと思ったに違いありません。
その事実をもっと早く知っていれば違う道もあったわけですから。

起業することで得られる自由な世界とか起業の本当のやり方など、
運良く僕は大学生のあいだに知ることができました。
それでも大学に行く代わりに起業していればと思わずにはいられません。
学校ではサラリーマンになる方法しか教えてくれませんからね。

今は起業にそこまで興味はないとしても、
間違ったイメージを払拭しておくのは後々役に立ってくるでしょう。
少なくとも自分らしく生きる人生に繋がっているのは間違いないので、
選択肢として知っておいて損はありません。

 

起業の誤解 「資格」

起業するには資格が必要だというのはよくある誤解です。
何をするにもとりあえず資格となるのはいかにも日本人らしい。

この前テレビで見て驚いたのですが、
ホームパーティー検定まであるそうです。
どうやらホームパーティーも僕の知らないうちに進化しているのでしょう。
そんな人のホームパーティーに呼ばれたら、
なんだか緊張してしまいそうです。

弁護士や医者など高度な専門知識が要求される職業なら、
一定の質を保つために資格が必要なのは理解できます。
ど素人でも手術できるなら怖くて入院もできませんからね。

 

起業はシンプルに言うと価値を提供することです。
いかに効率よく価値を提供する仕組みを作るか、
これだけです。

 

よく起業に必要な資格として税理士や会計士があげられますが、
どちらも必要ありません。
売上すら立ってないのに、何を計算するというのでしょう。
実際に利益が出てきても外注すれば解決する問題です。

なかには税理士や会計士として事務所を立ち上げようとする人もいます。
もちろんそれもひとつの手としてはありですが、
自分を商品にしようとするのはサラリーマン的発想です。
いつまでたっても労働から逃れることはできないでしょう。
働いても働いても好きなことはできません。

 

起業家の仕事はあくまで仕組みを作ることです。
法律事務所をやりたければ、
弁護士をどこかから連れてくるのが起業家の仕事です。
実際に法律問題を解決することではありません。

 

起業の誤解 「最初はゼロ」

当たり前のことなんですが、
どんな事業もゼロから始まります。
Googleもappleもソフトバンクも例外ではありません。
少しずつ少しずつ規模を拡大して大企業になります。

普段生活しているとこういった大企業の情報しか入ってこないため、
起業ってなんだか難しそうと思ってしまいます。

小学生が大学の内容を聞いて理解できるわけありません。
もし、いきなりそんな問題を出されたら登校拒否して、
一生勉強と関わらなくなると思います。
1+1から始めるからこそ、
大学の高度な内容もいずれ理解できるようになります。
最初は何もわからなくてもひとつずつ積み上げていくことで、
気づかないうちにレベルもあがっていきます。

 

起業も最初はたったひとつの商品を売ることから始まります。
必死で売っているうちにだんだんとうまくなってきて、
新しい商品を開発してみたり、
新しい事業に手を出したりするようになります。
そうして会社は少しずつ大きくなっていきます。

起業ってあなたが思っているほど複雑でもなければ、
難しくもありませんよ。

 

起業の誤解 「人脈」

起業セミナーなどに参加して人脈を作ろうと頑張る人がいますが、
これもよくある誤解ですね。
ひとりでも問題なく起業できます。

人脈が必要なのはそれこそ、ネットでつながるのが難しかった時代ですね。
一緒に仕事をやったことのある人など、
連絡先を知らないとアプローチできないのであれば、
人脈をある程度確保しておくのは有効な手段かもしれません。

ですが今ならネットで何でも外注できてしまいます。
連絡先を知らなくても誰の紹介もなくても問題ありません。
顔も合わせなくてすむので気軽に利用できます。

基本はひとりでコツコツ作業をして、
どうしても自分でできないところを外注して代わりにやってもらう。
人脈はこれで十分代用できます。

 

起業の誤解 「奇抜なアイデア」

誰も考えつかないような奇抜なアイデアがないと成功できない。
これは一番よく耳にする誤解です。

身の回りのサービスで、
このアイデアは思いつかなかったわ、というものはありますか?
利用するほとんどのサービスはおそらく、
他よりちょっと品質がよかったり、
他よりもちょっとだけ安かったり、
といったようなレベルだと思います。

鳥貴族の280円均一は画期的だけど、
とんでもないアイデアかと言われるとそうでもありませんよね。
100円均一のアイデアを焼き鳥屋でやっただけです。

使わない日はないであろうLINEも決して思いつかないアイデアではありません。
スタンプは新鮮な機能でしたが、
チャット自体はよくあるものでした。
それでも両者とも一部上場を果たしています。

その一方で日本人の生活を変えたとまで言われるTwitter。
今までにない画期的なサービスであるのにも関わらず、
いまだに黒字化できていない問題児です。
Googleが買収するとかいう話もありましたね。

 

アイデアがどれだけ優れていても成功できるとは限りません。
実際、加藤さんが最初に取り組んだ事業はせどりでした。
全国的に知られていてライバルの多い事業だったのにも関わらず、
加藤さんはぶっちぎりの成果を出すことに成功しています。
(月間売上高4583万円 Amazon月間法人部門第2位)
これも独自の起業理論があったからこそです。

起業の成功を左右するのは商品そのもののアイデアというより、
ビジネスモデルのほうだったりします。
特に個人が小規模でやるようなビジネスで奇抜なアイデアを形にするのは難しいです。

アイデアにこだわらなくても、
基本をしっかりと学んで実行することさえできれば、
自分ひとり食べていくぐらいは難しいことではありません。

 

起業の誤解 「専門の教育が必要」

経営学修士(MBA)とか○○経営大学といった、
専門的な教育を受けないと起業できないかと言われるとこれも違います。

実際にMBAを取得している加藤さんも、
MBAの知識は起業にはほとんど役に立たなかったとおっしゃってましたからね。
加藤さんによるとMBAは起業するための学問ではなくて、
大企業を管理するためのものだそうです。
分厚い専門書を読んだところで実践で役に立たなければ意味がありません。

 

起業ってひとことで言うと、
「価値を届ける」ですからね。

そのためだけに大学に通う必要性を感じるのも難しいでしょう。
大企業ほど複雑になってくるとさすがに専門知識のひとつやふたつは必要な気がしますが、
個人がやるような規模のビジネスには邪魔なだけです。
頭でっかちになってしまって行動できなくなるのが目に見えています。

そんなつまらない知識を詰め込んでいる暇があれば、
手を動かして実際に商品を売ってみたほうがよっぽど勉強になります。
自転車はなぜ倒れないかを理解してから練習を始める人なんていません。
難しい理論なんて放っておいて、
ペダルの漕ぎ方といった最低限必要な知識を詰め込んだら、
あとは実践あるのみです。
必要なら実践しながら学ぶこともできますしね。

 

起業の誤解 「リスク」

起業はリスクだという主張には2つの前提があります。

1.借金しなければならない
2.失敗する

残念ながらどちらも間違いです。

自己資金で小さく始めれば借金の必要がありませんし、
正しい方法でやれば失敗する確率を限りなく小さくすることができます。

借金さえしなければ、
たとえ失敗したとしても何度でもやり直しができます。
間違っても人生を棒に振ることにはなりません。

副業で始めればさらにリスクを小さくすることができます。
事業が軌道に乗るまでは給料で食いつなぎ、
安定して稼げるようになったら事業に専念します。
そうるすことで完全にリスクゼロで起業することができます。

副業が禁止の会社は、
バレないように頑張ってください。
バイトなら時間の自由も利くし、
やめたいときにすぐやめれるので、
思い切ってフリーターになってしまうのもありです。

 

3年やそこらの辛抱です。
ぐっと歯を食いしばって頑張れば想像もつかない自由が手に入ります。
40年以上こってり搾り取られることに比べれば屁みたいなもんでしょう。
3年なんて人生全体から見れば誤差みたいなもんです。

そう考えると起業は超ローリスク超ハイリターンな選択だと言えます。
これだけ割のいい投資を僕は知りません。

現在4つのセミナー映像を無料でプレゼントしています。
もし興味があればこちらから受け取ってください。


>>起業初心者の方へ

>>次世代起業メソッドとは

>>情報商材とは

>>最初に取り組むべき教材の見極め方

>>レールから外れた世界

>>自分らしい人生の取り戻しかた

>>起業初心者の陥りがちなワナ

>>アフィリエイトとは

>>ブログメルマガアフィリエイトの手引き

ブログ書いてる人

シュン
「楽しいは正義」

23歳。
お酒とマンガは人類の宝。

1PV=9円、通常の45倍の超高収益ブログを運営中。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はこちら

ブログランキング参加中!!
↓↓↓

ポチっとな

次世代起業家育成セミナー 特別編

資金なし、人脈なし、スキルなしのゼロの状態からたったひとりで起業して成功する具体的な方法論に触れた唯一のセミナー。
起業初年度で1.1億円を売り上げた次世代起業メソッドとは?

講師は3億円マーケター。
起業に必要なのは技術力でも奇抜なアイディアでもなくて、どうやるか?

詳しくはこちらから

3億円マーケター

資金0、人脈0、知識0でもノーリスクで成功できる!


加藤さん。
次世代起業メソッドの生みの親。

京大MBA卒業後、大手企業を半年で脱サラ。
起業1年目で年商1.1億円をたたき出す。
ビジネスを拡大しすぎてAmazonの倉庫をパンクさせた過去を持つ。

次世代起業の普及に燃えている。

自由な人生を手に入れる教科書

Amazon電子書籍ランキングで堂々の1位を獲得した次世代の生き方がリアルに描かれた「自由な人生を手に入れる教科書」が今なら無料!
無料の書籍をダウンロードするだけで12,800円相当のセミナー映像がもらえるという超お得なキャンペーン中!

無料相談受付中


SkypeID : sppshun01

Skypeでの無料相談を5名限定で受け付けています。
起業に関する悩みなら何でもOK。
もちろんネットビジネス、アフィリエイトのことでも大丈夫です。
少しでも気になることがあればこの機会に是非。
あなたのお悩み全力で解決いたします。
起業相談24時間365日いつでも大歓迎。

twitter

メールフォーム

過去記事