無料プレゼント!

就活でやりたいことが決まってない人はビジネスを勉強すれば受かる

就活に受かった男性

 

 

子供の頃はやりたいことなんていくらでもあったのに、いざ就活でやりたいことを考えると、びっくりするぐらい思いつきません。

 

僕も学生時代に一度だけインターンの面接を受けたことがあるんですけど、「何か大きなプロジェクトがやりたいです。」って言いましたからね。

 

ふわっとしすぎてビビります。笑

 

当時は大真面目に言ってました。まあ、明確にこれがやりたいというものがなかったので、しょうがないんですけど。

 

しいて言えば、お金持ちになりたかった。

 

お金さえあれば、何でもやりたいことできるでしょという、水たまりかよってぐらい超浅い人生戦略でしたね。

今はやりたいことも見つかって、充実した日々を送っております。

 

 

やりたいことがなくて当たり前

あなたは結婚していますか?

おそらくしてないでしょう。自分が結婚だなんて想像もできないと思います。一生添い遂げるほど好きな人と、20年やそこら生きたぐらいで出会えないんですよ。

 

やりたいことも同じで、人生の半分は公園でボールを追いかけて喜んでいたような人間が、これで飯を食っていく!というものに出会えなくて普通です。

経験が圧倒的に足りません。経験もないのにやりたいかどうかわかるわけがない。知らない人を好きになれと言っているようなものです。

 

やりたいことが見つかってなくて普通です。焦らなくていいと思いますよ。まわりの友達も、なんとなくしか分かってません。

 

だって、やったことないんだから。

 

夢に燃えてる人ほど、実際にやってみたら、なんか思ってたのと違ったと言って、あっさりやめていきます。そんなもんです。

だから、無理にやりたいことを探さなくて大丈夫です。

 

 

就活に受かるのはやりたいことがある人じゃない

面接で夢を熱く語ったら、受かるような気がしますが、まったく関係ないですからね。

もしそうなら、就活がもはや演技力の面接になってしまいます。熱い人間を演じたら受かるなんてことになったら、世のママさんたちは子供を塾ではなくて劇団に入れるようになるでしょう。

 

日本が築いてきた学歴社会の崩壊です。

 

やりたいこととか夢なんてのはおまけです。企業はそんなとこは見ていません。面接で受かる条件はただひとつ。

”企業が求める人材にどれだけマッチしているか”です。

 

あなたも結婚相手に望む条件がありますよね?今は明確に決まってなくても、結婚を意識し出すと考えると思います。

就活もそれと同じです。企業からしたら、最長で40年ものお付き合いになるわけですからね。条件に合った人が欲しいに決まってます。

 

 

モテる人材になれ

企業によって求める人材はもちろん違うでしょう。それぞれの企業を分析していくのもいいですが、なかなか骨の折れる作業です。本命なら詳細に分析する価値はありますが、その他の企業にそこまで時間をかけるわけにはいきません。

 

そこで、おすすめなのはモテる人材になることです。

イケメン、優しい、おもしろい、これだけでモテそうな匂いがぷんぷんします。タイプとかタイプじゃないとかは、些細な問題です。

それと同じように企業からモテる人材になる。そうすれば無駄な分析も省けるし、ポテンシャルがつくので、合格率は格段に高くなります。

 

 

ビジネスをロジカルに考えられる人がモテる

ロジカルシンキングはよく言われています。就活本を買えば、高確率で載っているでしょう。

もちろん、それでもモテるとは思いますが、同じテキストを買ったライバルに差をつけることはできません。

それに論理的思考は勉強そのものなので、高学歴相手だと分が悪いかもしれません。

 

そこで、ですよ。

ただのロジカルシンキングではなくて、ビジネス的な視点を取り入れるんです。

 

論理的思考自体にはなんの価値もありません。

数学のように、答えがひとつだけなら、天才はひとりいれば十分だからです。ニュートンはひとりでいんです。りんごが木から落ちて、ひらめいたんだけどさ、なんて言ったら、頭のおかしいやつと思われます。

 

答えがひとつなら、論理ですべて解決できますが、社会で扱う問題に明確な答えは存在しません。論理力だけでは、いい解決策は出せないんですね。

店の前に行列を作る方法を論理的に考えて導き出せるなら、誰も苦労はしません。お店は大繁盛して、みんな大富豪です。

 

会社は毎日、ビジネス上の問題解決をしています。論理的な正しさに加えて、ビジネス的な視点が欠かせません。

他の就活生はロジカルシンキング止まりなので、少しでもビジネスに詳しくなれば、それだけで他とは違う印象を与えることができるでしょう。

ビジネスに詳しくなるにはニュースを見るのもいいんですが、何の予備知識も持たずに見ても、ニュースの裏に隠された戦略とかは見えないと思います。

 

僕は起業していて、普通の人よりもビジネスに詳しい自信があります。それで、僕が実際に起業するときはこのセミナーを見て勉強しました。ビジネスを論理的に学べるので、ロジカルシンキングも勝手に身に付きます。

起業する人向けっぽいんですけど、中身はビジネスのことなので、結局同じです。

 

とあるサラリーマンの人がこれを見てビジネスを勉強したら、社長よりもビジネスに詳しくなってしまうという事態に。会社のビジネスのアラが見えてきて、社長に直接レクチャーしたんだとか。

俺の方が稼げるわと独立したみたいですね。社長に全力で止められたみたいですけど。社長より実力がつくんだから、就活生ぐらいは余裕でワンパンです。

あ、完全に無料なので心配はいりませんよ。

サラリーマンでもなかなか、ビジネスについて学ぶ機会は少ないので、入社前に基礎を身につけておくと重宝されること間違いなしです。

 

 

まとめ

やりたいことがなくても就活は大丈夫です。企業はそんなところ見てませんから。

やりたいこと探しに時間を使うのではなくて、ビジネスに詳しくなるとか、企業にモテる人材になることに力を入れましょう。

 

 

それでは、この辺で!

 

 

おもしろい!へぇ~!役に立つ!
モテる人材になるべしっ!と思ったらポチっとお願いします!!

「楽しいは正義」

24歳。
お酒とマンガは人類の宝。

とある出来事がきっかけで社会の闇を知り人生に絶望。
インターンで飛び込んだベンチャー企業で成功者と出会い人生が激変。
22年間歩いてきたレールをあっさりと外れてビジネスの道へ。

ブログがきっかけで法人をコンサルすることになりました。

寝たいときに寝て朝日で目覚める、ストレスとは無縁の生活をしています。
生活リズムがぐちゃぐちゃなのが最近の悩み。
楽しそうなことはやってみないと気がすまない。

ブログは偏見100%なので鵜呑みはキケンです。

世間の声を無視して何の専門スキルも持たずにレールを外れた者の末路はコチラ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です